2011年05月07日

シマシマ 第4話

「30を越えた女の恋愛の仕方」

シオ (矢田亜希子) は、元夫・ヒビキへの未練を断ち切ろうとするが、エステの仕事も休み部屋に閉じこもってしまう。そんなシオのもとに、ガイ (三浦翔平) がやって来た。ガイは、泣いているシオを抱きしめキスをする…。

 翌朝、シオはなぜガイが部屋にいたのか不思議に思う反面、ガイがそばにいたことで、1年ぶりにぐっすり眠れたことに気付く。

 そんなシオの変化を ラン (菊田大輔) は、見逃さなかった。そしてガイをシオの元に行かせたことを後悔する。

 そんな中、アートディレクターの 菖子 (小島聖) から添い寝の依頼が入る。菖子は、アラフォーのキャリアウーマンだが 「 結婚して子供を持つという人生があったのでは?」 という迷いから、働けば働くほど眠れない悩みを抱えていた。

 ある日、菖子は、児童書のデザインの仕事で作家から 「 母親の気持ちがわかっていない 」 と指摘される。デザインのヒントになると思って友人に会いに行くが、子供との幸せな生活を目の当たりにして、より気持ちが落ち込んでしまう。

 追い詰められた菖子は、シオに再び添い寝の依頼をする。やって来た リンダ (鈴木勝大) にとって彼女は憧れの存在。デザインの勉強をしているリンダは、いつか彼女のもとで働きたいと思っているのだ。リンダは落ち込む菖子を懸命に励ます。

 一方、シオとガイの間には微妙な空気が流れていた。シオ、ガイ、ラン…。三人の思いが重なり合い、平行線の関係が崩れ始めていた…。


シマシマ TOPへ
各話視聴率
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:シマシマ

『シマシマ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索