2011年04月23日

シマシマ 第2話

「交わり始めた、平行線の関係」

 シオ (矢田亜希子) は、「 ストライプ・シープ 」 の顧客、フキ (笹本玲奈) から ラン (菊田大輔) に添い寝をお願いしたいと懇願される。AV 女優のフキは、自分の職業を知っても態度を変えず、さらにパワーをくれた、とランを気に入っていたのだ。シープは指名制ではない、と何度も説明するシオだが、フキの勢いに押されてしまう。

 悩んだシオは、ランに相談し、判断をランに委ねることに。

 そんな中、シオの昼の顔、アロマエステ 『 グリーン 』 に 柳原 (石井正則) がやって来た。柳原は、シオの元夫・響 (清水友範) を近所で見かけたと言う。慌てて店を飛び出し、シオは居酒屋 『 双葉 』 へと走る。そこには、ランと ガイ (三浦翔平) の姿が…。響の弟でもあるガイは、突然のシオの来訪に驚きを隠せないが、とっさにある嘘をついてしまう。

 数日後。『 双葉 』 に客としてフキがやって来た。たまたま居合わせたシオとフキは “添い寝” について口論になってしまう。珍しくムキになったシオだが、フキの気持ちを理解していなかったと深く反省し、ランにフキの添い寝をお願いする。

 自分の夢を諦めかけていたフキだったが、ランの優しさからある決意をする。

 そして、シオ自身も響のことを忘れ、新たな一歩を踏み出そうとしていた。

 そんな矢先、ランがシオに 「 シープを辞めるかもしれません 」 と衝撃の告白を!平行線だった道は、いつしか、交わり始めていた。


シマシマ TOPへ
各話視聴率
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:シマシマ

『シマシマ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索