2011年04月04日

マッスルガール! 第1話

白鳥梓(市川由衣)は、小さな女子プロレス団体「白鳥プロレス」のオーナー社長の一人娘。その父が病死し、所属選手の魚沼まい(亜耶バネッサ)、向日葵(赤井沙希)、星薫(志田光)、須藤つかさ(山本ひかる)と四十九日を営んでいる最中、敵対するプロレス団体「青薔薇軍」の選手が経営者・郷原光司(水上剣星)と共に道場に現れた。

郷原はプロレスをビジネスと割り切り、かつて白鳥プロレスから独立したのだが、赤字続きでポンコツ選手ばかりの弱小団体を、リングごと取り上げるつもりだったのだ。

憤る梓たちは青薔薇軍と乱闘になる。団体を存続させねばと願う梓だが、実態は借金だらけ。最後の興業と決意した試合の当日に、専属レフェリーの吉田にまで逃げられてしまう。

その日、日韓合作の超大作映画に出演するために来日したユ・ジホ(イ・ホンギ)は、一人街を歩いていた。韓国の有名スターであるジホは、母、イ・スンジャ(黒田福美)に女手ひとつで育てられたのだが、彼女は、東京にいるかもしれないという手がかりを残し失踪していた。

忙しい毎日を強いる事務所社長・黒金信浩(桑野信義)のもとから逃げ出し、母の足跡を追うジホと出会った梓は、姿格好の似た吉田と彼を見間違えたあげく、「即席レフェリー」になることをお願いするのだが。


マッスルガール! TOPへ
各話視聴率へ
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ

『マッスルガール! 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索