2011年03月22日

大切なことはすべて君が教えてくれた 第10話(最終話)

「結婚」

2学期の終業式を終えた夏実(戸田恵梨香)と修二(三浦春馬)は、明日会って話をしようと約束する。お互いに、自分の思いを伝えようと思って…。

 その夜、駅でひかり(武井咲)の姿を見かけた修二は、彼女がひとりで旅行に行くことを知り、ホームまで見送りに行く。電車の扉が閉まる前、ひかりは修二に、「さようなら」と告げた。その言葉を聞いた修二は、違う、と返すと、とっさに車内に体を滑り込ませて乗り込んでしまう。「帰ってくる人は、さよならなんて言わない」。修二は、そうひかりに言った――。

 夏実に電話をした修二は、ひかりと一緒に電車に乗ってしまったことを伝えた。修二の思いを理解し、気持ちが通じ合っていることを確信する夏実。その話を聞いたさやか(篠田麻里子)は、信頼もそこまでいくと鈍感に見える、と夏実をからかった。

 夏実は、ひかりの母・由梨(宮本裕子)と亜弥(内田有紀)に、修二がひかりと一緒にいることを伝える。由梨は、非常識だと修二の行動を非難した。夏実は、そんな由梨に、修二は由梨の辛い気持も理解したからこそ代わりに行ったのかもしれない、と告げた。

 夏実が帰宅すると、マンションの前で直輝(菅田将暉)が待っていた。夏実に恋している直輝は、改めて、修二のどこがいいのか、と切り出した。すると夏実は、他にもっといい男性がいると思う、と言いながら、それでも修二の隣にいるのは自分でなければ嫌だと続けた。その言葉を聞いた直輝は、自分の思いを抑えて、夏実に別れを告げる。

 修二たちは、途中の駅から乗り込んできた津島(尾藤イサオ)と出会う。津島は、すでに酔っており、陽気に修二たちに話しかけた。偶然キャンセルが出たという修二のチケットは、実は津島の妻の分だった。

 夏実の言葉を思い出した亜弥は、娘の美桜(三吉彩花)に電話をした。美桜は、亜弥がどんな思いで電話をしてきたか察していたが、自分は家族と幸せに暮らしている、とだけ告げて電話を切ってしまう。

 津島は、修二にも酒を勧め、陽気に飲んでいた。が、実は、彼の妻は、病気で余命いくばくもないのだという。「本当はふたりで来たかったんだけど、これなくてね」。津島は、そう修二に告げた。津島は、妻に頼まれて、写真を撮る、と修二に話す。人は、キレイなものを誰かと一緒に見たいと思うが、見たことより、そういう相手が隣にいることが幸せだったりする――津島の言葉に、修二は夏実のことを思い出していた。

 修二は、ひかりを札幌まで送ってから夏実の元に向かうつもりでいた。ひかりは、そんな修二の思いを受け止め、今日の思い出だけで一生ひとりでも生きていける、と修二に告げる。すると修二は、自分との思い出なんかを大事にしてはいけない、哀しい思い出に浸って自分を甘やかしてはダメだ、と返した。「もっとちゃんと愛して、愛される人に出会わなきゃダメだ」と…。夜が明け、函館駅が近づいていた。ひかりは、美しい空を見つめ、修二のことは忘れる、と告げると、忘れるための旅はひとりで行くから、次の駅で降りて、と頼んだ。

 別れ際、修二は、自分を変えてくれたひかりのことは忘れない、君に会えてよかった、と言って電車を降りた。ひかりは、そんな修二に、「行ってきます!」と告げ…。

 目的地に到着したひかりは、父親の正則(神保悟志)と由梨の姿に気づく。ふたりは、ひかりを迎えに来たのだ。その姿を見たひかりの顔に笑顔が浮かんだ。

 直輝は、バスケ部の練習に出たものの、ひどく落ち込んでいた。そんな直輝を励ましたのは涼子(広瀬アリス)だった。

 望未(剛力彩芽)は、タンザニアまでヌーを見に行く、と中西(西村雅彦)や教頭の鶴岡(風間杜夫)に話す。中西は、「お前ぐらいのときは、多少ケガしたってすぐ治る。治るうちにいっぱいケガしてこい」と望未に告げた。

 賢太郎(中島健人)は、ひかりからメールをもらって大喜びしていた。ひかりからのメールを見せられた望未は、気持ちを込めて返事を送れ、と賢太郎に言った。

 そのころ修二は、夏実のもとに向かうため、函館空港にいた。搭乗手続きを終えた修二は、一瞬、夏実らしき女性の姿を見かける。修二は、夏実の携帯電話に連絡した。すると電話に出たのはさやかだった。夏実は携帯を家に忘れて出かけているらしい。そのとき修二は、夏実の姿を見つける。が、夏実はふいにお腹を押さえて倒れこんでしまう。修二は、ゲートを飛び出して、夏実の元へと駆けつけた。

 夏実は、病院に収容された。幸い、母子ともに無事だった。病室で修二は、夏実に自分の思いを伝えた。「俺はこの子が生まれる時、君の一番近くにいて、誰よりも喜んであげたい。この先、君やこの子に何か…あってもなくても、君を支えるのは俺でありたい」。修二は、そう夏実に告げて、改めてプロポーズした。夏実の目から涙が溢れた。

 春。中西は、3年になった生徒たちに、望未から絵ハガキが届いた、と自慢していた。

 さやかは、夏実たちから、再び結婚式のキャンセルを申し込まれ、憤慨していた。夏実たちは、生まれた娘と一緒に結婚式をやりたい、というのだ。さやかは、こうなったら意地でもふたりの結婚式をやってみせる、とつぶやいた。

 亜弥は、いつもように病院で仕事をしていた。するとそこに、突然、娘の美桜が現れる。亜弥は涙を堪えながら美桜に笑顔を見せた。

 夏実と修二は、生まれてきた娘とともに新しい生活をスタートさせていた。仕事の帰り、修二は、街中でひかりの姿を見かける。ひかりは、携帯電話で母と話しており、修二には気づかなかった。

 夏実と修二は、一緒に桜を見に行く。もう何があっても、世界中で一番大事な人が隣にいれば大丈夫――夏実も修二も、そう確信していた。


第1話 2011年1月17日「始まりの朝」

第2話 2011年1月24日「女の戦」

第3話 2011年1月31日「男の答」

第4話 2011年2月7日「暴露」

第5話 2011年2月14日「真相」

第6話 2011年2月21日「半年後」

第7話 2011年2月28日「求婚」

第8話 2011年3月7日「辞職」

第9話 2011年3月21日「最後の授業」


大切なことはすべて君が教えてくれた TOPへ
各話視聴率へ
2011年冬ドラマ(1-3月)TOPへ

『大切なことはすべて君が教えてくれた 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2011年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大切なことはすべて君が教えてくれた 最終回(第10話) 感想
Excerpt: フジテレビ系ドラマ(月9)「大切なことはすべて君が教えてくれた」の最終回(第10話)を昨夜見ましたので感想など。結果はおおよそ予想通りだったものの、きれいにまとめた最終回だと思います。いろんな問題がす..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2011-03-29 04:00

大切なことはすべて君が教えてくれた 第10話・最終回「結婚」
Excerpt: 大切なことはすべて君が教えてくれたですが、柏木修二(三浦春馬)は上村夏実(戸田恵梨香)との約束があるにも関わらず、佐伯ひかり(武井咲)と一緒に電車に乗ってしまいます。しかし、夏実との約束は守るそうで途..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-03-29 18:06

大切なことはすべて君が教えてくれた 第1...
Excerpt: 『結婚』内容終業式の後、明日会う約束をした夏実(戸田恵梨香)と修二(三浦春馬)だが、その日の夜、旅立つひかり(武井咲)を見送りに行った修二は、つい、、、、その列車に乗り...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2011-03-29 18:16

「大切なことはすべて君が教えてくれた」最終話
Excerpt: 最終話「結婚」 視聴率10.5% 
Weblog: またり、すばるくん。
Tracked: 2011-03-29 18:16

大切なことはすべて君が教えてくれた (第10話 最終回 3/28) 感想
Excerpt: 1/17からフジテレビで始まった『大切なことはすべて君が教えてくれた (公式)』の最終回『結婚』の感想。 推測だが… 推測だが、戸田恵梨香さんと三浦春馬さんの主役二人路線で始め..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2011-03-29 18:54

大切なことはすべて君が教えてくれた。最終回感想
Excerpt: 最終回は前回で行き着いた答え?の補足といいますか、まとめといいますか。。武井咲といっしょに電車旅行することになってしまった三浦春馬。それを余裕の表情で見送る戸田恵梨香。戸田は三浦が必ず自分のところに帰..
Weblog: NelsonTouchBlog
Tracked: 2011-03-29 19:38

大切なことはすべて君が教えてくれた 最終話:結婚
Excerpt: 終わった・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ 最後は夏実と修二が元サヤとなり、無事に子供が産まれ、 良かったねとは思うけど、一体何が言いたかったドラマなのか イマイチ伝わらなかったぞ てか、主演は恵梨香たんの..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2011-03-29 21:32

大切なことはすべてあなたが教えてくれた・・・と思いたいらしい、あの2人と製作者サイドはw(大切なことはすべて君が教えてくれた#10最終回)
Excerpt: 『大切なことはすべて君が教えてくれた』戻れるところで戻るよ。   この期に及んで・・・上野駅から「北斗星」に乗った2人は、もう戻れない関係まで来てるじゃないか(爆)修 ...
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2011-04-01 09:29

『大切なことはすべて君が教えてくれた』最...
Excerpt: 悲しい思い出に浸って、自分を甘やかしちゃだめだ。ちゃんと愛して、愛し合える相手に出会わなきゃだめだ。忘れた人ばかり。忘れる。ってのは頭から完全出て行っちゃうわけじゃなく...
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2011-04-01 10:48

大切なことはすべて君が教えてくれた【第10回(最終回)】フジ月9
Excerpt: 結婚  「愛…なんて言うと、甘ったるくて照れくさい。そう思っていたけど、ホントはすごく、苦かった…。どんなに確かめ合ったって、愛が甘ったるくなることなんかない」by夏実(戸田恵梨香)。 「そんなもの..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2011-04-01 17:22

≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#最終話
Excerpt: 帰ってくる人は、「サヨナラ」なんて言わないと、列車に乗り込んでしまった修二。 さやかは、行っちゃったんだって?と言いながらさらに聞いた。夏実は、お互い聞いてないが 信頼感がある。修二の声を聞いていてそ..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2011-04-01 21:56

【大切なことはすべて君が教えてくれた】第1...
Excerpt: 結局。。。最終回まで簡単感想〜だって、もう2人がどうなっても良かったんだもん〜ひかりと修二が別れるシーンは、きっとこのドラマが始まったときの感覚で見続けてれば涙ものだっ...
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2011-04-03 03:14

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索