2011年02月26日

TAROの塔 第2回

「青春のパリ」

 昭和42年、「大阪万博」のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)は、建築家の丹下健三(小日向文世)から、万博のシンボルゾーンに設置予定の大屋根の模型を見せられる。未来の空中都市を表現した巨大な屋根を前に、太郎は強い妄想に駆られる。それは、大屋根を突き破ってそびえるベラボーな塔の姿であった。

 太郎芸術に決定的な影響を与えたのはパリである。昭和4年、新聞社の特派員に任命された一平(田辺誠一)は、かの子(寺島しのぶ)と18歳になる太郎(濱田岳)を連れパリを訪れた。芸術の都の空気に触れ、太郎は本格的に画家を志す。離れ離れになることを恐れるかの子だったが、「パリで生きる人間になって苦しみや歓びを描かなければ、誰の心もうてない」と太郎を突き放す。

単身パリに住む決意をし修行に励む太郎だったが、書きたい絵が見つからない。そんな時に出会ったのがピカソであった。国境も人種もない抽象画の世界に感動し、ピカソを乗り越える決意をする。

一方、日本では献身的な一平の助けもあり、かの子も自らの小説を完成させようとしていた。「別れて初めて親子になれる」ことを実感する太郎とかの子。ほどなくして、かの子が脳溢血で倒れる。


TAROの塔 TOPへ
各話視聴率へ
2011年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
タグ:TAROの塔

『TAROの塔 第2回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2011年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜ドラマ『TAROの塔』 第2回...
Excerpt: 『青春のパリ』内容昭和42年。万博のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)だがその記者会見で、太郎は敵意をむき出しにする。“人類の進歩と調和なんて、クソくらえだ...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2011-03-06 18:30

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索