2011年02月25日

バーテンダー #5

来客もなく暇なラパンに"銀座のゴッドマザー"と呼ばれる伝説の女性バーテンダー、早苗(室井滋)が現れる。早苗は新入りの溜(相葉雅紀)にジンフィズを注文。新人時代に早苗にカクテルをこき下ろされたことがある三橋(光石研)は溜に、全力で頑張れと耳打ちする。早苗にけなされて再起不能になったバーテンダーも多いらしい。

緊張する三橋や杉山(荒川良々)が見守る中、早苗は溜が作ったカクテルに合格点を付ける。そこへ、美和(貫地谷しほり)が学生時代にインタビューしたピアニストのマリ(芦名星)を連れて来店する。早苗はマリと親子だと言うが、マリはたちまち不機嫌になる。溜は早苗の店と名曲の名前にちなんだカクテルをマリに作る。だがマリは激怒して溜にカクテルをかけると、店を出ていってしまう。


バーテンダー TOPへ
各話視聴率へ
2011年冬ドラマ(1-3月)TOPへ

『バーテンダー #5』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2011年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バーテンダー  第5話
Excerpt: ゴッドマザーと呼ばれるBarテネシーワルツのバーテンダー・諏訪早苗と その娘であるジャズピアニストの諏訪マリの親子と 佐々倉溜の父が永田町の妖怪と呼ばれた政治家だったことがわかった、今回の 2つ..
Weblog: よくばりアンテナ
Tracked: 2011-03-05 20:55

バーテンダー glass5
Excerpt: 『母と認めない!!銀座の女帝娘に遺す最期の一杯内容五木編集長(池津祥子)と取材のためホテルに来ていた美和(貫地谷しほり)ラウンジでピアニストの諏訪マリ(芦名星)が演奏を...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2011-03-05 22:19

バーテンダー (第5話 3/4) 感想
Excerpt: 2/4からテレビ朝日で始まった『バーテンダー (公式)』の第5話『母と認めない!! 銀座の女帝 娘に遺す最期の一杯』の感想。 なお、原作漫画は未読、原作を基にしたアニメも未見。 二つの..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2011-03-06 00:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索