2011年02月04日

LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 Episode 6

「脱走犯を追え…最期の告白」

初公判を迎え、裁判所へ護送中だった無差別通り魔事件の犯人が裁判所に着いた直後に逃走したとの連絡がCPSに入る。
逃走した殺人犯は一人を殺害、三人を切りつけた通り魔で、事件後に自ら出頭。取調べでは犯行を素直に認めたものの、自身の素性や動機は一切供述せず、氏名不詳のまま留置番号の38号で起訴されていた。
柘植(ユースケ・サンタマリア)の話では38号は逃走の際、護送していた警官の銃を奪って逃走。また事件を起こす可能性があり、CPSの面々に緊張感が広がる。

翔子(北川景子)や結城(木村多江)たちは38号が起した犯行のプロファイリングから38号の人格や性格を分析することで逃走の行動予測を行おうと、まずは通り魔事件の現場に赴くことにする。だが、新堀(平岡祐太)だけが目撃証言だけあればプロファイリング出来るとCPSに残る。

38号が通り魔事件を起した現場を訪れた翔子たちは事件が通り魔ではなく、38号が最初から死亡した一人の被害者に対し殺意を持って行った事件だったのではと判断。寺田(要 潤)は被害者のプロファイリングを、翔子と結城は38号の心の変化を探るために拘置所に捜査に向かう。拘置所を訪れた翔子と結城は看守から弁護士以外誰とも面会していなかった38号が、逃亡の数日前にジャーナリストを名乗る日高恵美という女性との面談に応じていたことを聞かされ、着目する。

一方、CPSで目撃情報などから38号の行動予測を分析していた新堀は結城に報告せずに自ら捜査本部に行動予測を報告。予測したエリアに捜査員を集中的に向かわせるよう指示する。
ところが、新堀の予測が外れ、警備が手薄になっていた予測と違うエリアに38号が出現。38号にパトロール中の警官が撃たれてしまう。
事件を知った新堀は激しく動揺するが、そんな新堀を翔子は叱咤する。新堀は自分のミスを挽回しようと必死に分析を続け、思わぬ行動に出るが…。


LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 TOPへ
各話視聴率へ
2011年冬ドラマ(1-3月)TOPへ

『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 Episode 6』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2011年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 Ep...
Excerpt: 『脱走犯を追え…最期の告白』内容公判のため裁判所へ護送中の、無差別殺人犯“留置番号38号”(忍成修吾)が、裁判所に到着直後、、、逃走する。1人殺害、3人を切りつけた38...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2011-02-12 21:24

「LADY〜最後の犯罪プロファイル」第6回★女の直感で事件解決!?
Excerpt: 『LADY〜最後の犯罪プロファイル』第6話 意外にも前回視聴率はまさかの10%台回復!? 前々回の6.8%が正当な評価だと思うのだけどなぁ・・・。 興味本位の野次馬として、今回も重箱の隅をつつい..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
Tracked: 2011-02-13 14:03

≪LADY〜最後の犯罪プロファイル〜≫☆06
Excerpt: 朝からそわそわしている翔子。理由を知らないCPSの連中は、勝手なこと言っていた。 結城が戻るとすぐに翔子が飛び出た。今度の犯罪心理学会で特別講演できると朗報をもたらした。翔子の論文が高く評価されたのだ..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2011-02-15 03:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索