2011年01月30日

冬のサクラ 第4話

「全て捨てても、君を守る」

 突然、我が身に降りかかった病に苦悩する萌奈美(今井美樹)。唯一、頼れる人は祐(草g剛)だけと感じ始めていたのだが、「私はもう大丈夫ですから」と、その想いを振り切り、祐に別れを告げた。そして、残りの人生を自分自身の手で選び取ることを決心するのだった。

 そんなある日、友人の理恵(白羽ゆり)から、イベント会場に飾る啓翁桜を購入するため、一緒に山形へ行ってほしいと頼まれる。気乗りしない萌奈美は山形行きを断るが、「仕事の付き合いもあるのだから…」と、航一(高嶋政伸)から行くように頼まれ、やむなく承知をする。そして山形行きの当日、新幹線に乗り込んだものの、理恵は急用が入ったと出発間際に降りてしまい、萌奈美は一人で山形へ行くことに。困惑しながらも、微かな胸の高鳴りを感じる萌奈美…。

 一方、萌奈美を心配するあまり仕事を辞めて上京を決心した祐は、萌奈美のためにガラス細工の鳥を作っていた。兄が傷つく姿を見たくない肇(佐藤健)が反対しても、親友の中里(山崎樹範)が引き止めても、祐の決心は固く強かった。

 その後日、東京へのおみやげに啓翁桜を持って行こうと考えた祐は、啓翁桜を生産している千尋(遊井亮子)の元へと出かけた。その帰り、偶然にも萌奈美の姿を見つける祐。「萌奈美さん……!」と祐の声にハッとする萌奈美だが、なんとそこには東京にいるはずの航一の姿もあった……。


冬のサクラ TOPへ
各話視聴率
2011年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
タグ:冬のサクラ

『冬のサクラ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2011年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

冬のサクラ 第4話:全て捨てても、君を守る
Excerpt: 航一、デタ━━━~(m´Д`)m━━━!! 藻奈美と祐の山形での再会は、(ドラマ上では)全くの偶然だったのに、 何故かそこに居合わせる航一が怖いよぉ〜 てか、自分が二人を再会するように仕向けたくせに..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2011-02-07 19:46

≪冬のサクラ≫☆04
Excerpt: 萌奈美は、決めた。自分の人生は、自分で選び取ることを。 手術を受けても、記憶が亡くなっても生きる法を選ぶのか?・・・ 手術をせずに詩と向き合う覚悟を決めるのか萌奈美は考え続けていた。 私にとって生きる..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2011-02-08 21:33

『冬のサクラ』 第4話
Excerpt: 祐の人柄を思わせるように、周囲の人間もいい人ばかりなせいか、航一の嫉妬心むき出しの姿にも腹立たしさを感じずに済む気がして、上手くバランスが取れてるせいか?違うか…じれったくてもイライラしてないんですよ..
Weblog: 美容師は見た…
Tracked: 2011-02-08 23:01

冬のサクラ【第4回】TBS日9
Excerpt: 祐(草g剛)と萌奈美(今井美樹)のじれったさにイライラしつつも見ているんですが、航一(高嶋政伸)のホラーな展開についていけません…。航一の目的がなんなのかさっぱりわからないから、余計怖いというかな..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2011-02-09 16:14

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索