2010年12月27日

バーテンダー TOP

『バーテンダー』(Bartender)は、スーパージャンプで連載中の漫画作品。原作は城アラキ、作画は長友健篩が担当している。
2006年10月14日から、同名のテレビアニメがフジテレビ、BSフジにより放送された。全11話。
2011年2月4日から同年4月1日まで、金曜ナイトドラマ枠(23:15 - 24:15)にてテレビドラマが放送された。全8話。


概要【原作】
バーテンダーの佐々倉溜(ささくら りゅう)を主人公とし、自身で店主を務めるバー「イーデンホール」での出来事や、溜を取り巻く人々たちが繰り広げる。とりわけ漫画のテーマとなるのは、もともと酒に付されていたエピソードを紹介するものであり、カクテルからウイスキーまで幅広い。 漫画の物語は、溜がフランスから帰ってくる所から始まる。主人公がフランス帰りという点は、城アラキの代表作『ソムリエ』と共通する部分である。

2010年11月時点で売り上げが250万部を突破している。


ドラマ
2011年からテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠(23:15 - 24:15)にて放送されたドラマ。
主演の相葉雅紀は「マイガール」以来約1年振りの連続ドラマ出演。初回放送日は2011年2月4日。
「マイガール」に続き、主題歌は嵐が担当する。

ドラマ放送に先駆けてドラマのテーマの「酒」にちなみ、相葉が様々なゲストと酒を交わしながら進行するトークバラエティーが放送された。

原作との差異
溜は加瀬から「お前は本物のバーテンダーじゃない」と言われたことで、一時的にバーテンダーを辞めてしまう。
美和は原作では来島興産のホテルに勤務しているが、ドラマでは雑誌記者。
来島はラパンの先代マスターと旧友という設定。
葛原の設定年齢が若い。


キャスト
佐々倉 溜:相葉雅紀(嵐)

来島 美和:貫地谷しほり
雑誌「週刊東京ワンダーナイト」の記者。

来島 泰三:津川雅彦
美和の祖父で来島グループの会長。

葛原 隆一:金子ノブアキ(RIZE)
BAR「K」のバーテンダー。

加瀬 五朗:竹中直人
溜の師匠。

杉山 薫:荒川良々
老舗BAR「ラパン」のバーテンダー。

三橋 順次:光石研
老舗BAR「ラパン」のチーフ・バーテンダー。

五木 瑤子:池津祥子
雑誌「週刊東京ワンダーナイト」の編集長。

桜 肇:尾美としのり
美和の下宿先でもある定食店「さくら食堂」の主人。

桜 寿:西慶子
「さくら食堂」の女将。

ゲスト
松本潤:松本潤(嵐)(第1・2話)写真のみ
清水:城島茂(TOKIO)(第2話)
山岸 由香利:倉科カナ(第2話)
織田 公彦:津田寛治(第3話)
北方:カンニング竹山(第4話)
南原 亜希:田中美保(第4話)
諏訪 早苗:室井滋(第5話)
諏訪 マリ:芦名星(第5話)
佐々倉 源一:西郷輝彦(第5話)
菊池 雄二:六平直政(第5話)
山之内 清治:大友康平(第6話)
早瀬 宏昭:別所哲也(第7話)
君島 瑠美:佐藤江梨子(第7話)
本郷 勇次:錦戸亮(関ジャニ∞・NEWS)(第8話)


スタッフ
* 脚本:高橋ナツコ、山浦雄大 ほか
* 音楽:中島靖雄
* 演出:片山修、田村直己、二宮崇、白石和彌
* チーフプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
* プロデューサー:中川慎子・大江達樹(テレビ朝日)、原藤一輝(ジェイ・ストーム)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
* 制作協力:オフィスクレッシェンド
* 企画・制作:ジェイ・ストーム
* 制作著作:テレビ朝日

主題歌
* 嵐「Lotus」(ジェイ・ストーム)


各話あらすじ(2011.2.4 - 2011.4.1)全8話 平均視聴率 10.03%
第1話 2011年2月4日「嵐を呼ぶ男vs伝説ホテル王…永久にまずい酒」

第2話 2011年2月11日「危険な女子会…美しすぎる親友の秘密」

第3話 2011年2月18日「40女結婚やめます!!モテキ到来…幻のカクテル」

第4話 2011年2月25日「涙の毒入りカクテル…12時歌舞伎町シンデレラ」

第5話 2011年3月4日「母と認めない!!銀座の女帝娘に遺す最期の一杯」

第6話 2011年3月18日「一番大切な人、倒れる…!!別れのカクテル」

第7話 2011年3月25日「最終章!!さよなら…ラパンの日々」

最終話 2011年4月1日「今夜完結!!君へ捧ぐ最後のグラス…たとえ二度と逢えなくても」

※3月11日に放送予定だった第6話は『ANN緊急報道特別番組 宮城沖で震度7』放送のため、当日の放送を休止。

各話視聴率


番組公式サイト
バーテンダー (バーテンダー (漫画) - Wikipedia)

『バーテンダー TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索