2010年12月18日

桂ちづる診察日録 第14話(最終話)

最終回『父の夢』

 シーボルト(エリックボシック)の助手を勤める川島良謙(黄川田将也)が千鶴を訪ねて、先生の警固役・井端進作(岸田敏志)の自害の真相を語る。

日本の蘭学と医学のために大切な人だと、己の命を捨てて先生を守ったのだ。進一郎(三浦孝太)に会って詫びて、井端の形見を渡したい、先生の願いだった。

約束の場所に進一郎が現れる。突然、抜刀して先生を殺そうとして、千鶴との戦いになる・・・。


第1回 2010年9月4日「牢医になる」

第2回 2010年9月11日「花ろうそく」

第3回 2010年9月18日「父の仇」

第4回 2010年9月25日「患者の身になる」

第5回 2010年10月2日「医者の務め」

第6回 2010年10月9日「月下恋」

第7回 2010年10月16日「酔楽の恋」

第8回 2010年10月30日「陽太郎の涙」

第9回 2010年11月6日「おたつの罪」

第10回 2010年11月13日「もの言わぬ叫び」

第11回 2010年11月27日「ちづるの縁談」

第12回 2010年12月11日「女の幸せ」

第13回 2010年12月18日「恩人の死」


桂ちづる診察日録 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『桂ちづる診察日録 第14話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇『桂ちづる診察日録』 第...
Excerpt: 『父の夢』内容シーボルト(エリック・ボシック)の助手・川島良謙(黄川田将也)が、千鶴(市川由衣)を訪ねてくる。半年前に、警護を務めていた井端(岸田敏志)が、職務上のこと...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-12-26 17:38

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索