2010年12月11日

桂ちづる診察日録 第13話

第13回『恩人の死』

 文政九年春、千鶴(市川由衣)に恩師シーボルト(エリック ボシック)の文が届く。間もなく江戸に着く、と。その際、半年前に役目上の不手際から自害した、シーボルトの警固役・井端進作(岸田敏志)の身内に会いたいと頼まれる。千鶴にとっても井端は長崎の恩人だった。

だが井端の妻、お妙(平栗あつみ)は病気が重く治療所に引き取る。息子の進一郎(三浦孝太)は悪い仲間とつるんでいた・・・。


桂ちづる診察日録 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『桂ちづる診察日録 第13話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇『桂ちづる診察日録』 第...
Excerpt: 『恩人の死』内容千鶴(市川由衣)のもとに長崎から文が届く。恩師・シーボルト(エリック・ボシック)が、江戸にやってくると言うその文には、1つの依頼があった。長崎において、...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-12-19 18:59

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索