2010年12月11日

クローンベイビー 第11話(最終話)

「最終章〜それでも僕らは生きていく」

マスタークローン・澪(滝裕可里・2役)に、注射器を持って近付く“謎の男”――その正体とは、なんと青柳正宗(市川知宏)の父・数馬(松重豊)であった。クローンたちによる壮絶な殺し合い、そして奪い合い・・・すべてが数馬によって仕組まれたことだと知った正宗は、愕然とする。

一方、葛飾マリカ(滝裕可里・2役)の病室で倒れ、瀕死の状態に陥った菊池ヒロ(松坂桃李)は、初めて自らの感情を吐露。ヒロがマリカに打ち明けた、本当の思いとは――!?
そして、ヒロの身を案じるマリカの心臓にも、再びあの激痛が。マリカの命が「あと数時間しか持たない」と宣告された兄・葛飾省吾(牧田哲也)は、その場に崩れ落ちて――。

非情な運命を背負ったクローン同士による壮絶な戦いが、ついに終焉を迎える。果たしてこの「イス取りゲーム」が導いたシナリオの最終ページはいかに・・・!


第1話 2010年10月8日「命をかけたイス取りゲーム」

第2話 2010年10月15日「運命の赤い糸〜生死をかけたゲーム」

第3話 2010年10月22日「三角関係〜君は俺が守る!揺らぐキズナ」

第4話 2010年10月29日「悲劇の運命〜磁石で引き合う恋のチカラ」

第5話 2010年11月5日「最期の戦い〜ヒーローは絶対に死なない

第6話 2010年11月12日「運命に引き裂かれた二人〜切れた赤い糸」

第7話 2010年11月19日「遺伝子操作された愛クローン誕生の悲劇」

第8話 2010年11月26日「命をかけたラストゲーム〜1番大切な物」

第9話 2010年12月3日「俺は神じゃない、人間だ〜クローンの涙」

第10話 2010年12月10日「命の選択〜殺したいぐらい君を愛してる」


クローン ベイビー TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『クローンベイビー 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クローンベイビー 第11話(最終回)
Excerpt: 『最終章〜それでも僕らは生きていく〜』内容ついにマスタークローン・葉月澪(滝裕可里)と出会った正宗(市川知宏)そこに現れた、、、、のは、父・数馬(松重豊)だった!!数馬...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-12-24 17:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索