2010年10月30日

桂ちづる診察日録 第9話

第9回『おたつの罪』

 千鶴(市川由衣)が牢名主のおたつ(戸田恵子)を診察する。余命に限りのある、乳がんだった。おたつは病気を隠していた。千鶴は手術を薦めるが、息子殺しのおたつは死を覚悟して、手術を断り薬も拒否する。頑なな心を解きほぐしたい、千鶴は事件を探る。見習い奉公に出した我が子(千葉一磨)が強盗殺人を重ねたと知り、子を殺して、自殺を諮るが、止められて無期刑となったのだ。患者に寄り添えぬまま、病状が悪化する…。


千鶴(市川由衣)は、病に倒れたおたつ(戸田恵子)を診察する。おたつは病気を隠しており、乳房が腫れていた。乳がんで余命は長くないと考えた千鶴は、手術を薦める。千鶴は、麻酔薬を使って悪い所を切れば治る可能性があると説くが、おたつは寿命と覚悟して手術を断り、痛み止めも拒否する。

医師として患者の気持ちに寄り添いたい千鶴は、酔楽(三宅裕司)の薦めで下妻(大谷亮介)を訪ね、おたつの事件の真相を尋ねる。おたつはもともと材木問屋の妻だったが、見習い奉公に出した息子の佐吉(千葉一磨)が仲間と強盗殺人を重ねて3人も殺したと知り、息子を殺して自害しようとしたところを捕まった。

おたつは死罪にしてくれと言い張り、何も語らなかった。真相は分からないまま、おたつの病状は悪化していく。


桂ちづる診察日録 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『桂ちづる診察日録 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇『桂ちづる診察日録』 第...
Excerpt: 『おたつの罪』内容千鶴(市川由衣)と仲が良い女牢の牢名主・おたつ(戸田恵子)が倒れた。診察したところ“乳岩”、、、麻酔をしての治療を勧めるが息子を殺した罪のおたつは、こ...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-11-07 18:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索