2010年10月14日

嬢王 第8話

尾崎は50億円で、クラブ・ピアノのサービスを含めた店全部とR−1の企画全てを買い取りたいと達也に申し出た。尾崎は慎一と組んで店を乗っ取り、達也をレジェンドプロの後継ぎ候補から消そうと企んでいたのだ。そして契約書には、彩をR−1の嬢王にすることが交換条件になっていた。 

達也は中坊に直接会い、店はどうしても譲れないと伝える。部屋の外で話を聞いていた彩は、達也の仕事に対するプライドと強い信念に感動し、思わず部屋に飛び込んで一緒に頭を下げる。

数日後、尾崎と慎一が達也に会いにピアノに来店する…。


嬢王 TOPへ
タグ:嬢王

『嬢王 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索