2010年10月09日

クローンベイビー 第2話

ヒロを厄介払いしたところで、正宗の携帯にマリカからの着信が。おもむろに電話を取った正宗の顔色が変わった――なんと、マリカは何者かによって拉致されており、携帯の画面には、彼女が監禁されている様子が映し出されていた。“ヒロの仕業だ”と確信した正宗は、急いでヒロの足取りを追うが、そんな正宗の前に、栄太の悪友・小津悟志(稲葉友)が現れ、行く手を阻む。なんとか悟志から逃れ、ヒロを見つけ出した正宗は「マリカの居場所を教えて欲しい」と懇願。

ところが、ヒロは正宗を「しつこい」と一蹴し、「もういっぺん死ね!」といって殴りかかる。やられっぱなしの正宗だったが、その脳裏に“体中に包帯を巻かれた少女”の姿が…。すると、不思議なことに、正宗の身体へ強烈な力が宿り、ヒロを突き飛ばした!ギラリと赤い目でヒロを睨みつける正宗。正宗の中に突然、言い知れぬ殺人衝動が沸き起こり、ヒロに果敢に立ち向かう。その正宗の変化を見て、「覚醒したか……」と呟くヒロ――。

 同じ頃、監禁されたマリカは何とか自力で逃げ出そうとするも、あえなく失敗。謎の男によって気絶させられ、再び捕まってしまう。ふと目覚めると、マリカの目の前にはシーツにくるまれた死体が…!勇気を振り絞り、被せられたシーツをめくったマリカは、その死体の腕を見て愕然とする。なんと、その死体には、正宗にあげたはずのミサンガが巻かれ、*型のアザがあったからだ。

そこへもう一人、マリカの前に新たな男が現れた。マリカを監禁していた男は、後から現れた“胸に*型のネックレスをしている男”にナイフで刺され、その場に倒れる。目の前で起こった惨劇に、ショックのあまり意識を失いかけるマリカ。遠のく意識の中、誰かがマリカのもとに駆けつけた――。

 後日、マリカの目の前で殺された男は、正宗をいじめていた主犯格・栄太であったことが判明する。栄太もまた、「七夕生まれの19歳」ということで、一連の『七夕殺人』による被害者だと思われた。しかし、栄太の体からは、何故か臓器が抜き取られてはいなかった…。

 マリカは、病院の屋上で正宗に詰め寄る。マリカは監禁されていた廃屋で、正宗のものらしき死体を見ていた。正宗の腕をまくって確かめてみると、あったはずのアザがない!「あたしが見た死体は、やっぱり正宗だったの……?」。
と、そこへ、またしてもヒロが現れる。ヒロはすべてを知っているかのように、「君を助けたのはオレだ」という。その瞬間、マリカの記憶が蘇る。廃屋で、マリカを救出したのは――ヒロだった!!そして、ヒロはマリカを強く抱き寄せた。


クローン ベイビー TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『クローンベイビー 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クローンベイビー 第2話
Excerpt: 『運命の赤い糸〜生死をかけたゲーム』内容身代わりになる。。。菊池ヒロ(松坂桃李)の言葉に不安を覚えはじめた時、帰宅すると、、、まるで正宗(市川知宏)自身のように振る舞う...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-10-29 18:21

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索