2010年10月08日

相棒 Season1 第12話(最終話)

「特命係、最後の事件」

15年前、右京らが関わった篭城事件の人質が次々に変死。
人質救出劇のウラに何があったのか?
15年前の事件をひもとく右京と薫は新たな迷宮に迷い込み…。

右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)を警察庁へ呼び寄せた。そして、小野田(岸部一徳)のもと、警察庁で15年前の外務省公邸人質篭城事件を洗い直すことになった。15年前、武装グループの人質となったのは、当時外務省条約局長だった北条晴臣(長門裕之)ほか高官が北条邸に閉じ込められた。強行突入の結果、犯人を全員射殺。5人の突入班のうち隊員3名と高官の人質・柳田が流れ弾を受けて死亡したという。柳田以外、北条ほか人質は無事に救出されたが・・・。15年経った今、その人質だったうちの3人がこの1年の間に謎の変死をしている。

右京と薫はまず、公邸料理人をやめて現在レストランを経営しているという、15年前の事件の人質の生き残り・鈴原(川島宏知)を訪ねるが、鈴原はすでに何者かに殺されていた。
現場の状況から鈴原が殺される直前、北条が鈴原の店に来ていたのでは・・・。
右京と薫は北条を訪ねた。

するとそこには、ひとりのミステリアスな女性の影が・・・。北条の身の回りの世話をするかわりに、学校に通わせてもらうなど養ってもらっている蘭子(池脇千鶴)である。数日前「やなぎだくにお」という人間から北条宛てに手紙が舞い込んだという。北条は手紙を読み、かなり狼狽していたらしいが、なぜ死んだ人間から手紙が届くのか…?

 右京らは、15年前の突撃隊員のひとり、石嶺(森本レオ)から突撃した当時の状況を聞く。彼の話によると、石嶺は隊員の萩原(内藤剛志)とともに少し遅れて突入。先に入った3人の隊員は人質のいる2階で犯人と撃ち合っていたが、銃撃戦の音がいったん静かになると、そのあと2発の銃声が聞こえてきたという。そしてあわてて階段を上がると惨劇の痕だったという。

 2発の銃声…。引っかかるものを感じた右京らは、石嶺とともに突入した萩原からも話を聞くことに。ある所轄の警察署長に出世していた萩原も石嶺と同じ答えをするのだが・・・。
謎の2発の銃声とは一体?死んだはずの柳田から舞い込んだ手紙には何が書かれていたのか?蘭子の正体とは?3人の元高官の連続変死の理由とは?公邸料理人鈴原は何故、誰に殺されたのか?そして、右京と小野田の知られざる過去とは?
衝撃の真実が明かされる!!


相棒 TOPへ 各話視聴率へ
タグ:相棒 Season1

『相棒 Season1 第12話(最終話) 』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントさせていただきます。
結局、立件は出kなかった事件だったのですね。
最後、右京さんはまだ探し続けているというのが気になります。
シーズン2以降も続くことになったわけですが、その間、解決することはできたのでしょうか?
序盤シーズンは再放送でしか観たことが無く、再放送を行った回しかみたことがないので、その辺が気になります
Posted by ななし at 2013年07月21日 09:42
コメントありがとうございます。

この話の続編は
相棒 Season4 第1話「閣下の城」
http://doramahuntingp2g.seesaa.net/article/165238484.html
です。一筋縄ではいかない話ですね。
Posted by Dhunting at 2013年07月22日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索