2010年10月07日

京都地検の女 第4シリーズ 第1話

鶴丸あや(名取裕子)のもとに上司の高原副部長(蟹江敬三)が新任検事・白井清志(長谷川朝晴)を連れて来る。白井はあやのもとで三カ月の研修を行うことになったのだが、大企業の御曹司とかで小生意気な口を利くため、あやは初対面から、むかっ腹を立ててしまう。一方、太田事務官(渡辺いっけい)のもとにも、柿口可久子(三津谷葉子)という青森県出身の純朴な事務官見習いが配属されるが、太田はその垢抜けない容姿に絶句してしまう。

そんな中、離婚した元妻に暴力を振るった男・小暮(湯江健幸)が送致されてくる。小暮は、二年前に別れた元妻の福永伸子(山田まりや)を近くの公園に呼び出して殴りつけ、重傷を負わせたもので、警察での取調べでは、その事実を認めていた。ところが小暮はあやの前では、刑事が執拗に自白を強要したためにウソをついたと、犯行を否認する。

小暮を取り調べたのは所轄署の池内刑事(益岡徹)だと判明。あやは、杜撰な捜査をするなと文句を言うが、たまたま来合わせた京都府警の北村警部(船越英一郎)が口を挟んだことから、二人の間で大ゲンカになってしまう。

やがて、伸子は以前、二人の子供をアパートに残したまま友人とスノーボードに行き、その間に彼女の部屋がボヤになったという事実があったことをあやは知る。そのことが新聞のコラムに載り、さらには近所の人が伸子が子供を殴っているところを見たことから、近所では“鬼ママ”として評判になってしまう。しかしあやが訪れた伸子の部屋は、キレイに片付けられており、机の角には子供が怪我するのを防ぐ柔らかい緩衝材が張り付けられているのを発見する…。


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第4シリーズ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索