2010年10月07日

京都地検の女 第3シリーズ 第8話(最終話)

地検の廊下を歩く被疑者の男性の顔を見たあやは、我が眼を疑った。

 その男性とは、あやの修習生時代の同期生・和田(榎木孝明)だった。和田は愛人のホステスに結婚を迫られた挙げ句刺殺し、送検されて来たという。

 あやと和田がかつて同期生だったという理由で、担当検事はあやではなく佐々木(松澤一之)が担当することになった。そう高原に説明されても、あやには和田の犯行そのものが信じられない。

 和田は修習生時代は群を抜いて優秀だった。しかし岡山で事業を営んでいた父親が急死したため、司法の道を諦め家業を継いだ。だが数年で倒産、現在は京都のタクシー運転手の仕事に就いていた。あやは佐々木に和田の様子を訊いたが、和田は容疑を全面的に認めているという。だが被害者のホステスの写真を見て、あやはさらに違和感を強めた。

 和田の事件を担当したのは北村で、池内も現場に居合わせていた。あやは二人に訴える。殺されたホステスは和田のタイプではない。それ以上に、自分の知っている和田は殺人など犯すことのできる人間ではない。だが北村と池内は取り合わなかった。

 池内は和田の故郷の小豆島に行って事情を調べていた。和田は同郷の女性・志乃(あめくみちこ)と結婚したが、家業の倒産後志乃は一人息子・大介(栩原楽人)を連れて小豆島に戻り、和田と別居していた。和田と志乃は、事件の直前に離婚している。

 あやの熱意に負けた池内は、和田とあやを接見させる。だが和田はあやとの二十年ぶりの再会にも反応を示さず、「一刻も早く起訴してほしい」とだけ言い、口をつぐんだ。

 あやは独断で、ナナと出口に小豆島へ向かうよう命じた。志乃から、和田の事情を聞き出すために。

 その頃、高原と佐々木が地検刑事部長に呼び出されていた。二人が引き合わされたのは、府警本部管理官の緑川警視(佐戸井けん太)だった・・・。


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第3シリーズ 第8話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索