2010年10月07日

京都地検の女 第3シリーズ 第7話

 夜の街で、北村が怪我をしている女性・富田純子(石野真子)を保護、近所のあやの家に連れて行く。彼女は靴を片方無くしており、かなり憔悴しているようだったが「転んだだけだ」と言い張り、しかもあやたちが目を離した隙に姿を消してしまった。

 翌日、中京署にフリーター・藤沢尚哉(唐橋充)が、昨晩女性から赤い財布をひったくった、と自首してきた。池内立合いのもと実況見分が始まったところに、あやが偶然通りかかって事情を聞く。と、あやは早速、前の晩家に現れた純子と事件を結びつけた。純子の様子から、これはただのひったくり事件ではない、とあやは閃いたのだ。

 あやと池内は北村が探し出した純子の自宅に赴き、彼女に直接事件との関連を尋ねたが、彼女はひったくりになど遭っていないと言い張る。だが池内が「娘さんにも訊いてみます」と言うと、純子は突然動揺しはじめ、ひったくりに遭った事実を認めた・・・!?


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第3シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索