2010年10月07日

京都地検の女 第3シリーズ 第5話

夜の仕事にかまけて五歳の娘・幸恵(中山心)を放置していた母親・黒田鈴子(喜多嶋舞)が、保護責任遺棄の疑いで送検されてくる。幸恵の身体には内出血や打撲痕があり、あやがそれを告げると、鈴子は遊び人の夫が酔って暴力を振るう、と涙を流して訴えた。鈴子は幸恵と一緒に写った写真をあやに見せ、「早く帰って、幸恵や妹の正美が好きなグラタンを作ってあげたい」と言う。

 鈴子の夫は稼ぎをろくに家に入れず、博打ばかりしていて現在も行方不明だった。幸恵も父親に虐待されていると証言しており、取り調べ中の鈴子のしおらしい態度からも改悛、事態改善の余地を見て取ったあやは、鈴子を起訴猶予処分で済ませることにし、釈放した。

 それを聞いた池内が、血相を変えてあやのもとに乗り込んできた。池内は以前、夜中の街でひとり佇んでいた幸恵を保護したことがあり、幸恵や鈴子のことを知っていた。しおらしい態度はすべて鈴子の芝居で、幸恵を虐待しているのは実は鈴子だ、と告げる。

 数日後、池内は地検に乗り込みあやを強引に外へ連れ出す。「幸恵ちゃんに会ってもらいたいんだ」という池内にあやが連れて来られたのは、病院の集中治療室だった。
 ベッドに横たわった幸恵は、大怪我をしていて意識不明だった。幸恵を虐待していたのは、池内の言った通り、鈴子だったのだ・・・。


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第3シリーズ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索