2010年10月07日

京都地検の女 第3シリーズ 第3話

あやの家で寛いでいた北村の携帯が鳴った。相手は、北村の学生時代の親友・牧野(柳沢慎吾)だった。牧野は、同僚を殺してしまったのですぐ来て欲しい、と言う。北村が現場に着くと、牧野の会社の同僚・畑中(関秀人)が転落死していた。「俺が突き落としたんだ」という牧野を、府警は逮捕せざるを得ない。

 送検された牧野は、口論の末に畑中を突き落とした、と素直に犯行を認めた。だがあやは、牧野の着ていたワイシャツのボタンがひとつ取れていることに気づき、独自に捜査を始める。北村は「牧野が殺人など犯す訳がない」とあやに訴えるが、牧野が事件後女子高生とラブホテル街を歩いていた、という証言があり、さらにそれを裏付けるように、ラブホテルの一室から牧野のワイシャツのボタンが発見された・・・!


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第3シリーズ 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索