2010年10月07日

京都地検の女 第3シリーズ 第2話

サラリーマン・小沼宏之(増沢望)が、酔った勢いで若い男の頭をビール瓶で殴り、傷害罪で送検されてくる。最初の取り調べで、小沼は「ムシャクシャしてやった」と犯行を認めるが、その理由の曖昧さにあやは疑問を抱く。

 直後、小沼は「また検事に会わせてくれ!」と突然主張、あやの前に再度現れた小沼は供述を翻し、犯行を完全に否定した。不審に思ったあやは、小沼が当夜「飲もう」と連絡をしたという婚約者・秋子(岩崎ひろみ)の働く店に事情を聴きに行く。秋子は、「彼がそう言うんなら、そうです」と不自然な反応を見せ、あやはさらに疑念を深める。

 その翌日、なんと、小沼はまたしても供述を変え、「自分がやった、速やかに裁判をしてくれ」と言い出した・・・!?


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第3シリーズ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索