2010年10月07日

京都地検の女 第2シリーズ 第8話

田渕君江という主婦が、自宅で殺された。君江は首を絞められていて、テーブルには湯呑みが二つ置かれたままになっていた。君江の夫は数年前に病死し、彼女は夫の保険金で暮らしていたらしい。

 現場に急行した京都府警捜査一課の北村刑事(船越英一郎)は、そこで矢部刑事(小日向文世)と顔を合わせる。矢部は何事にも完璧を期さないと気がすまない性質で、仲間内で“ミスター・パーフェクト”と呼ばれていた。

 数日後、君江に金を借りていた男・久保田が殺人容疑で逮捕される。久保田は君江殺害を全面的に自供、身柄があや(名取裕子)のもとに送られてくる。
しかし、矢部が作成した事件調書に気になる点があり、あやはこの事件を終結させる気にはならない。
 

 その矛盾点とは、犯人・久保田の逃走経路の問題だった。事件調書によると、久保田は<裏の勝手口>から逃走したという。しかし、裏から逃走するためには、玄関にある靴を持ってこなければならない。果たして、そこまでの手間をかけるのか。しかも、裏口の隣人は番犬を飼っており、吠えられるはずだ。しかし、番犬はこの日、ペットショップにお出かけしていたことが判明する。

 だが、あやは久保田の担当弁護士が、自分のことを「先生」と呼んだことに引っかかっていた。顔なじみの弁護士だが、こんな呼び方を聞いたことがない。弁護に有利な情報を握っているはずだ。

 あやは逃走経路の問題をさらに調査。やがて、番犬の飼い主がウソの証言を強要されたことが発覚する。強要したのは、“ミスター・パーフェクト”こと矢部刑事だった。これは、今後の公判にも影響がでる失態であった。つまり、些細な捜査ミスを理由に犯人の自白そのものも信用できないとするのだ。

 しかし、なぜ、矢部刑事がそんな間違いを…。それは、娘との不仲が引き金になっていると判明する。娘はりんの同級生。あやは矢部の娘を連れて、矢部の家を訪ねる。
 「誰も完璧な人はいないんですよ…」
 あやの言葉は矢部の心を動かした。間違いを認めたのだ。そして、矢部刑事の親子の仲も戻ったのだった。
 

京都地検の女 TOPへ 各話視聴率

『京都地検の女 第2シリーズ 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
矢部刑事が家出中の娘を回想するシーン。
娘がピアノを弾いているが、その曲名を知りたいと存じます。昔、聞いた事のあるクラシックの曲です。是非教えて下さい。
Posted by 宇佐美日玄 at 2011年01月13日 14:03
コメントありがとうございます。

ベートーヴェンの
ピアノ・ソナタ 第8番ハ短調op.13「悲愴」 第2楽章
だそうです。
Posted by Dhunting at 2011年01月13日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索