2013年06月28日

京都地検の女 TOP

『京都地検の女』(きょうとちけんのおんな)は、日本のテレビドラマのシリーズタイトル。京都地方検察庁の検事「鶴丸あや」の女性(主婦)ならではの視点を活かした活躍を描くミステリドラマである。

テレビ朝日系で放送されている木曜ミステリーの中の、ドラマシリーズの一つとして放映されている。第2シリーズからハイビジョン収録を行っているが、実際ハイビジョン放送を開始したのは第3シリーズの最終回スペシャルからとなっている。


概要
鶴 丸あやは、夫を東京に残し、京都地検に赴任。娘・りんと京都で単身赴任生活をしている。本人はワイドショーや井戸端会議等大好き(要するにオバサン)で、 非常にバイタリティあふれている。押しが強く、自分が納得するまで徹底的に疑問を追求するが、その際の彼女の判断の基準になるのが「主婦のカン」である。 鶴丸あやの「主婦のカン」は、部下を辟易させても、司法修習生をこき使っても、京都府警と罵りあっても、時に地検上層部に睨まれても、幸か不幸か全く気に していない。そんな過程を踏まえていきながらも、事件の真相を解き明かしていくミステリーである。


2005年版の第1話にて木曜 ミステリーの人気シリーズ「京都迷宮案内」の主役である橋爪功が同ドラマと同じ(京都日報遊軍記者・杉浦恭介)役で出演している。これは橋爪が主役を務め る前述ドラマの続編ドラマ「新・京都迷宮案内」の前年(2004年)放映シリーズ第1話にて名取裕子、船越英一郎、渡辺いっけいが、それぞれ「鶴丸あや」 「北村鉄男」「太田勇一(出演時には、『太田事務官』と表記)」として出演したことに対する“お礼”である。


キャスト
鶴丸 あや:名取裕子
京都地検検事。年齢は2010年10月の時点で50歳。京都地検や京都府警、中京警察署で知らない者はいない、京都地検の名物鬼検事。
毎度主婦のカンを根拠に単独捜査を展開して難事件を解決するが、猪突猛進・傍若無人すぎる振る舞いと強烈な個性、名言の数々、そして他を圧倒する存在感は、あらゆるところで波紋と騒動を巻き起こす。
第4シリーズの最終回で、被疑者を同行しての実況見分を行った際に逃亡された責任をとって左遷。2008年1月から島根地検に辞令が出たが、2009年春に京都地検にある事情のためにカムバックする。
プライベートでは着物を着用している。
夫である章太郎(通称・章ちゃん)を東京に残しており、毎日長電話やメールで愛を確かめ合っている。

成増 清剛:寺島進(第5シリーズ - )
京都府警捜査一課警部補。通称・成増さん。
実家は禅寺で僧侶の資格を持っている(鶴丸によれば、「なんちゃって坊主のアルバイト刑事」)。
一匹狼な性格で口が悪く粗暴な振る舞いをし、鶴丸から依頼された仕事も所轄署に押し付けるため、鶴丸とはことあるごとに衝突している。
鶴丸を「おばちゃん」と呼ぶ。
猫と組織が大嫌い。
清一を「父上」と呼んでいる。

池内 弘二:益岡徹(第2シリーズ - )
中京警察署。通称・池内さん。既婚(子供はなし)。
普段から一匹狼風情で皮肉屋で飄々とした風貌だが、鶴丸にだけは叶わないので屈折気味。
絶対に悪は許さないタイプで犯人には強硬な態度で接する。
家族のことになると周囲が見えなくなる一面もあり、意外に涙もろい。
しばしば鶴丸からは「ぐうたら刑事(デカ)」と尻を叩かれている。

井森 幸三郎:大杉漣(第8シリーズ - )
検察事務官。堅物を絵に描いた人物で、スケジュール管理にうるさく、時計を常に見ている。
実家は、京都の老舗料亭。長男として、先代から経営を任されるが失敗、板前になろうとしたが挫折し、弟に料亭を任せ、検察事務官になったという経緯がある。
あやが被疑者の屈折した気持ちを汲み上げ、やさしくいぶそうとした姿に感動し、あやを実家に招待した。これまで何人もの検事に仕えてきたが

鶴丸 りん:脇沢佳奈
あやの一人娘。個性的な母の背中を見て育ったため、しっかりしている。
第4シリーズの最終回で島根地検に左遷された母と別れ、1人で東京の大学を受験。
第5シリーズからは花の女子大生(成増の娘・友子と同じ大学に通っている)。
年頃だが、男っ気ゼロで北村や成増などの中年男性からは人気がある(北村からは「りんりん」、成増からは「りんちゃん」と呼ばれている)。

桜井 麗子:大島蓉子
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。
姑の介護問題と娘の嫁入り問題を抱える近所の情報通。

吉川 香織:みやなおこ
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。
3人組中1番若く、暴走する麗子・さやかのストッパー。

漆原 さやか:山口美也子
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。
ときどき壮絶な夫婦喧嘩をしている。

柿野 たまこ:小林千晴
第1・2シリーズでは生命保険の営業をしていたが、第3シリーズからは古川町商店街で健康ジュースを実演販売している(いつも神出鬼没に姿を現す)。
根は悪くないのだが、噂話が大好きでお節介な面が禍することも。
鶴丸を「あやさん」と呼んで慕っているが、稀にとんでもない健康ジュースを飲ませる。

成増 清一:福本清三(第5シリーズ - )
成増正剛の父であり友子の祖父(福本は第1シリーズ第8話で本人役、第3シリーズ第8話でタクシー運転手役で出演している)。
厳格で無口な人柄で清剛が「父上」と呼ぶほど。
禅寺の住職をしており、人に知られたくない過去やのっぴきならない事情を抱えている人々が多く通っている。
清剛と友子の親子関係を心から心配している。

太田 勇一:渡辺いっけい
この道20数年のベテラン検察事務官。通称・太田さん。未だに独身。
日々鶴丸に八つ当たりされ、挙句は虐げられ、ストレスを貯め込んでいる(日ごろの鬱憤をぶつけたいのだが、気弱なため、怖くて言えずにいるので影で「鶴丸」と呼び捨てしている)。
しかし、稀に鶴丸の暴走に本気で激昂する(実は、きちんと鶴丸を制止できるほどの篤いハートの持ち主)。
プライドが高く、皮肉屋で、配属される検察事務官見習や司法修習生に当たり散らす(検察事務官見習や司法修習生が女性の場合は人生の伴侶にしようと作戦を展開するが失敗する)。
彼女いない歴は38年(幼稚園の時以来)である。

高原 純之介:蟹江敬三
京都地検刑事部副部長。通称・副部長。
鶴丸を「あやちゃん」と呼ぶ。
鶴丸に理解はあるが、反面、毎度無謀な暴走をする鶴丸にはヒヤヒヤしている。
妻との関係は良好だが、時折ひどい夫婦喧嘩をしている(現在の妻は再婚で、前妻とは死別)。
副部長室には数多くの健康グッズが置かれている。
かつては夜の帝王と噂されるほどの遊び人だったらしい。

過去のレギュラー
北村 鉄男:船越英一郎(第1〜4シリーズ)
京都府警捜査一課警部。権威や肩書きが嫌いで検事も嫌いだが、鶴丸だけには叶わない。嫌々ながらも尊敬している面もある。第4シリーズの最終回で、人材交流でパリ警察に赴任。「じゃあな、クソババァ」と鶴丸に捨て台詞を残しはるかに乗って旅立った。

堀川 正太:松永博史(第2〜4シリーズ)
北村といつも一緒に行動しているが、時には酒に酔った北村の介抱をしたりとばっちりを食うことも。

成増 友子:藤岡涼音(第5シリーズ)
成増の一人娘。鶴丸りんは、同じ大学に通っている友達同士。

成増 清一:福本清三(第5シリーズ)
成増正剛の父であり、友子の祖父。禅寺の住職をしている。(なお、福本自身は第1シリーズ第8話で福本本人役、第3シリーズ第8話でタクシー運転手役で出演している)

各シリーズ限定のレギュラー
第1シリーズ(2003年)
三村 正義:涼平
司法修習生。背は高いが、気が弱く、鶴丸や深沢に振り回されていた。

深沢 小百合:国分佐智子
司法修習生。気が強く、鶴丸のような検事になりたいと憧れていた。

増岡 久道:木下明水
京都府警刑事。北村の捜査においていつも隣にいたが、お風呂に頭から転落する等かなりのドジだった。

第2シリーズ(2005年)
注:本来は冨田翔が荻原良役でレギュラー出演の予定だった。しかし、当時体調不良で降板となっている。

水谷 ナオミ:大河内奈々子
司法修習生。最初はおっとりとしたお嬢様キャラだったが、最終的には鶴丸のような猛烈キャラへ変貌。

荻原 良:松尾敏伸
司法修習生。高原純之介の息子だったが、鶴丸以外には秘密にされていた。要領の良いお調子者で、鶴丸にいつも睨まれた。

星野 修:阿部薫
司法修習生。優柔不断で気が弱く、胃薬を手離せない。鶴丸と関わってさらに胃痛が悪化した。

東 健太郎:西興一朗
検察事務官見習い。太田の前では従順なフリをしているが、太田がいないところでは悪口言い放題だった。

第3シリーズ(2006年)
鍵崎 ナナ:大谷允保
司法修習生。生意気で勝気。鶴丸の仕事ぶりに反発を覚えて食ってかかっていたが、修習生研修期間最後の日には、最後に仲直り。

出口 恒雄:須藤公一
司法修習生。鶴丸には「デブチ」と呼ばれ可愛がられる(=こき使われる)。修習生研修期間最後の日には、鶴丸に「ラーメン店」で出口の名前が大きく掲げられていたので、食べ物以外のことで有名になるようにとゲキを飛ばされた。

倉木 民子:神戸みゆき
検察事務官見習い。小役人タイプの太田を毛嫌いし、密かに鶴丸に憧れていた。最後のシーンでは、鶴丸に太田と仲良くしてくださいと伝えている。

第4シリーズ(2007年)
白井 清志:長谷川朝晴
京都地検検事。大手鉄鋼会社「白井スチール」の御曹司、いわゆるボンボン。考え方や感覚が完全に鶴丸と食い違い、主婦のカンを非科学的だと非難し、大喧嘩もなったが、最終的には認めるようになった。

柿口 可久子:三津谷葉子
検察事務官見習い。青森県弘前市出身。初出勤からあまりの田舎臭さに太田の度肝を抜いたが、地検の日々を送るうちに最終的に垢抜けた。

第5シリーズ(2009年)
本木 恵介:森翼
検察事務官(第2話からの出演)。通称・本木、タマネギ。
初めての経験づくしの日々を送る、関西系純朴天然青年。
鶴丸には振り回され、太田にはコキ使われるが、きちんと太田の愚痴を聞いてあげられる癒し系でもある。
当初はやる気のない発言が目立つ現代っ子そのものだったが、次第に鶴丸のやり方に素直に従うようになる。

第6シリーズ(2010年)、第7シリーズ(2011年)
斉藤 加奈子:小林きな子
検察事務官。通称・斉藤。
頭の回転が速く機転も利き、手先も器用でプレゼンも得意。
当初は鶴丸の捜査方法に戸惑っていたが、そのうちに鶴丸を笑顔で送り出している。
太田からは器用さを嫉妬されているが、本人は気にも留めていない模様。

第7シリーズ(2011年)
栗原美波:大塚千弘
新たに池内とコンビになる中京署の紅一点の新人女性刑事。
若い正義感を持ち、ひたむきに捜査を進める。
ただ、刑事らしくないデニム等のファッショナブルな出で立ちで、当初は鶴丸の逆鱗に触れることもあった。

第8シリーズ(2012年)

川喜多 夏帆:久保田磨希
見習い検察事務官。通称・川喜多。

平林 雅彦:片岡信和
三条警察署新人刑事。



スタッフ
* チーフプロデューサー:井土 隆(テレビ朝日)
* プロデューサー:井上千尋(第2シリーズ- 、テレビ朝日)、島田薫(第6シリーズ- ,東映)
*プロデューサー(過去)横地郁英(第1シリーズ、テレビ朝日)、小嶋雄嗣(第1〜第5シリーズ、東映)、若松豪(第1-3シリーズ、東映)
* 脚本:西岡琢也(第1シリーズ- )、塩田千種(第2シリーズ- )、岩下悠子(第2シリーズ-)、洞澤美恵子(第6シリーズ)、難波江由紀子(第6シリーズ)
*脚本(過去):尾西兼一(第1シリーズ)、高山直也(第1シリーズ)、瀧川晃代(第2シリーズ)、西村康昭(第5シリーズ)
* 監督:藤岡浩二郎(第1シリーズ- )、石川一郎(第1シリーズ- )、黒沢直輔(第6シリーズ)
*監督(過去):森本浩史(第1-3シリーズ)、麻生学(第1,2,4,5シリーズ)、猪崎宣昭(第4シリーズ)、三島有紀子(第4シリーズ)
* 法律監修:赤井勝治(弁護士、赤井・岡田法律事務所)
* 制作:テレビ朝日・東映


第1シリーズ(2003年)
* 放映期間:7月24日-9月11日
* 平均視聴率10.5%
* 主題歌:夏川りみ「鳥よ」(ビクターエンタテインメント)

第1話 7/24 密室殺人vs主婦検事 完璧メークで殺す女

第2話 7/31 美人OLは見た! 殺人現場の罠

第3話 8/7 夫を3人殺した女!? 10億の完全犯罪と罠

第4話 8/14 息子を盗まれた女! 二つの転落死の…点と線!!

第5話 8/21 刑事に愛された女! 殺した記憶を消すトリック

第6話 8/28 年上の女が殺される! 黙秘するカリスマ美容師

第7話 9/4 時効を待つ男vs美人姉妹! 赤いコート殺人の謎

最終話 9/11 炎の中で殺された母…京都映画界に潜む罠

第1シリーズ各話視聴率


第2シリーズ(2005年)
* 放映期間:1月13日-3月17日
* 平均視聴率:12.2%
* 主題歌:滴草由実「花篝り」(GIZA studio・GZCS-4002)

第1話 1/13 vs京都迷宮案内! 笑顔をなくした女

第2話 1/20 夫を殺した女のついた嘘! 豚肉600g購入の謎

第3話 1/27 vs結婚女詐欺師の女! 遺産相続が招いた殺意!!

第4話 2/3 神戸で襲われた女! 減刑を狙う法律トリック!!

第5話 2/17 カリスマの主婦の犯罪! 消えた漬物石の秘密

第6話 2/24 介護する女の微笑み! 宝くじ1億円遺産の行方!!

第7話 3/3 車内携帯禁止…逆ギレ殺人の裏に潜む涙の過去

第8話 3/10 娘に捨てられた刑事…殺意の逃走経路の謎!!

最終話 3/17 vs殺人を犯した刑事…地検最大の危機

第2シリーズ各話視聴率


第3シリーズ(2006年)
* 放映期間:4月20日-6月22日
* 平均視聴率:12.5%
* 主題歌:つきよみ「涙ひとつぶ」(コロムビアミュージックエンタテインメント・COCA-15911)
* 最終回は2時間スペシャルでの放送

第1話 4/20 殺意を抱く老夫婦!! 祇園死美人が残す謎

第2話 4/27 逆転供述に潜む罠! 前髪で額を隠す女の正体!!

第3話 5/4 不可解な自首の謎…北村警部の旧友が殺人犯!?

第4話 5/11 vs最凶の女詐欺師 豪華庭園に咲く奇妙な花

第5話 5/25 鬼母を許した検事…主婦の勘が敗北した日!!

第6話 6/1 哀しき証言者!殺人犯消失…鉄壁アリバイの罠

第7話 6/8 姉妹のような母娘…危険な三角関係の罠

最終話 6/22 鶴丸検事、20年目の運命の再会…同級生は殺人犯で被害者!?チェッカーズの名曲が暴く家庭崩壊の秘密と嘘

第3シリーズ各話視聴率


第4シリーズ(2007年)
* 放映期間:10月25日-12月20日
* 平均視聴率:12.8%(関東地区)
* 主題歌:タッキー&翼「Daydreamer」(avex trax・AVCD23446)
* 最終回は2時間スペシャルでの放送

第1話 10/25 主婦検事VSセレブ検事!! 2つの顔を持つ女!!

第2話 11/1 熟年夫婦を襲った恋と殺人の罠!!

第3話 11/8 二人の殺人者!?墓のない花婿の秘密!!

第4話 11/15 試された母子愛…小さな瞳に映る殺人者の影!!

第5話 11/29 裏切られても…窃盗犯と暮す男の謎!!

第6話 12/6 刑務所に入りたがる女! 桔梗の花が暴く殺意!!

第7話 12/13 毒薬殺人の果てに…過食妻の孤独

最終話 12/20 さらば、鶴丸検事!!北村刑事殉職…最後にして史上最大の危機!?京都〜舞鶴、8年越しの殺人トリックに壊された断絶家族の絆!!

第4シリーズ各話視聴率


第5シリーズ(2009年)
* 放映期間:4月23日-6月18日
* 平均視聴率:12.2%
* 主題歌:THE ALFEE「桜の実の熟する時」(EMIミュージック・ジャパン,TOCT-45007/TOCT-45008/TOCT-45009)

第1話 4/23 新コンビ誕生!?証言したがる女の秘密!!

第2話 4/30 殺意のレシピ…食卓の暗号が暴く真相!!

第3話 5/7 亡き妻に捧げる犯罪…残された夫の疑惑とは?

第4話 5/14 刑事の父が偽証…試された親子の絆!!

第5話 5/21 暴走する事務官…老舗旅館に潜む罠!!

第6話 5/28 殺意の伝言ゲーム!!一致しすぎる供述!?

第7話 6/4 狙われた現職検事!京の雨に消えた影!!

第8話 6/11 刑事の娘が失踪!取調室に潜む悪の罠!!

最終話 6/18 主婦の勘への挑戦!夜歩いた死体の謎!!

第5シリーズ各話視聴率


第6シリーズ(2010年)
  * 放映期間:10月14日-12月9日
  * 平均視聴率:12.6%
* 主題歌:Tiara「愛しすぎて」(日本クラウン、CRCP10257)
* 初回2時間スペシャル

第1話 2010年10月14日 「母を殺しにきた天才画家!上海〜京都、34年目の再会が招いた殺意!!二つの名を持つ女の謎」

第2話 2010年10月21日「22年目の殺人証拠!!白髪を染めた女の謎」

第3話 2010年10月28日「鏡に微笑む殺人犯!!熟年夫婦が堕ちた罠」

第4話 2010年11月4日「法律が裂いた嫁姑!消えた5歳児の謎!!」

第5話 2010年11月11日「家庭崩壊!嵐山を焼きつくす復讐の炎!!」

第6話 2010年11月18日「食材のパズル!重なる2つの遺体の謎!!」

第7話 2010年11月25日「父と子の罠!祇園の夜の殺人二重偽証!!」

第8話 2010年12月2日「京の秋に色づく犯罪模様…父と娘の選択!目撃者ゼロの罠!!」

最終話 2010年12月9日「晩秋の京、雨の夜の約束…三条大橋殺人事件の裏の裏」

第6シリーズ各話視聴率


第7シリーズ(2011年)
  * 放映期間:7月7日 - 9月15日
  * 平均視聴率: 11.52%
  * 主題歌:高橋真梨子「この蒼い地球(ほし)のように」(ビクターエンタテインメント)
  * 初回2時間スペシャル

各話あらすじ
第1話 2011年7月7日「恋人殺しの罠…それは運命の雪夜から始まった!京都〜琵琶湖〜大阪、四人の男女をつなぐ愛欲の相関図!!」

第2話 2011年7月21日「殺人逃亡犯は見た!!すれ違う二つの人生」

第3話 2011年8月4日「祇園祭り殺人事件!?古都の夜に響く母と息子の叫び!!」

第4話 2011年8月11日「夫の知らない殺意!!京都大原、熟年離婚が招く三角関係の罠!?」

第5話 2011年8月18日「vs東京地検の男!京都鴨川西、小さな花屋に咲く奇跡」

第6話 2011年8月25日「父と子でいたかった…京風おでんに沁みる殺意の罠!!」

第7話 2011年9月1日「殺人直後に出会った男女!ひとりは、10才の美しき少女…!!」

第8話 2011年9月8日「初恋の人がホームレスに!京都東山、10年後の再会の果てに…」

最終話 2011年9月15日「さよなら鶴丸検事!vs完全黙秘の女!夜の鴨川殺人の裏の裏…」

※2011年7月14日は、全英オープンゴルフのため、休止。
※2011年7月28日は、世界水泳上海2011のため、休止。

第7シリーズ各話視聴率


第8シリーズ (2012年)
放映期間:7月5日-9月6日
平均視聴率:16.0%(関東地区)
主題歌:矢井田瞳 「サヨナラありがとう」( ユニバーサル シグマ)
初回2時間スペシャル

各話あらすじ
第1話 2012年7月5日 2時間スタート夢の競演SP「逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇…命を狙われた女検事の過去!おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!」 (20:00〜21:48)
  京都地検のあや(名取)の元に検察事務官・井森(大杉漣)と事務官見習の夏帆(久保田磨希)が新たに配属される。そんな折、留守中のあやの自宅に何者かが 侵入、荒らされる事件が起きる。やむなく、あやと娘のりん(脇沢佳奈)は成増警部補(寺島進)の実家である寺にしばらく世話になる。あやは新聞記者・木内 (石黒賢)から「あや個人、もしくは検察に憎しみを抱く人物の仕業に違いない」と忠告される。その直後、ワイドショーなどで活躍するジャーナリスト・早乙 女(正名僕蔵)が痴漢容疑で逮捕され、あやの元に送致されてくる。やがて、あやと成増宛てに脅迫状が届き、あやは手掛かりを求め、鴨川東署資料課の鳥居 (渡瀬)に協力を求める。

※2012年7月12日は「遺留捜査 初回2時間SP」放送のため、休止。
※2012年7月19日は「第141回全英オープンゴルフ第1日 第1部」 放送のため、休止。

第2話 2012年7月26日「老紳士の恋と偽りの涙…不正受給の謎!!」
  一人暮らしのサキ子(水野久美)がアパートの自室で一酸化炭素中毒のため死亡しているのが発見された。状況から、練炭自殺と思われたが、篠原(宝田明)と いう高齢の男性が毎日、三条署を訪れては「彼女は自殺ではない、事故だ」と強硬に主張しているという。三条署を訪ねたあや(名取裕子)は、篠原が池内刑事 (益岡徹)に食って掛かっているところを目撃する。話し掛けたあやに対して冷たい態度だった篠原だが、翌日突然、あやの元を訪ねて来る。篠原はサキ子を愛 していたと告白。亡くなる前日まで、楽しそうに趣味の社交ダンスの話をしていたサキ子が自殺するわけはないと話す。そんな中、サキ子が時折、デイサービス に通っていた施設を聞き込みに訪れた成増警部補(寺島進)は、介護士の峰山(山口翔悟)が入居者を虐待しているという告発を受ける。

第3話 2012年8月2日「京都西陣赤い帯の罠二度死んだ婚約者!!」
  愛人の存在をスクープされたばかりの衣料品メーカー社長・山田(加藤重樹)が後頭部を石で殴打され、負傷する。あや(名取裕子)の元に、被疑者の野崎(神 保悟志)が送致されてきた。野崎は山田の密会現場を写真に撮り、数回にわたって山田を脅迫。途中から支払いを拒まれた腹いせに写真を週刊誌に売り、山田を 襲ったと警察で供述していた。しかし、あやの取り調べで野崎は、金は脅し取ったが、襲ったのは自分ではないと犯行を否認。さらに、事件の1週間前に柳の柄 のネクタイをした謎の男に尾行されたと話し、その男を捜してくれと言いだす。間もなく、野崎を尾行したのは西陣織工房の社長・瀬戸(大沢健)と分かる。瀬 戸は、山田を訪ねた際に野崎に遭遇し、尾行したことを認める。8年前、自分の婚約者・美津子(原田夏希)を奪った男に野崎がよく似ていたからだと打ち明け た。そんな折、あやの元に野崎の元恋人・里奈(雛形あきこ)から脅迫電話が入り、放火事件が起きる。

第4話 2012年8月9日「死体なき殺人の謎!!DNA不一致の罠…」
  あや(名取裕子)の元に、住居侵入容疑の望月(斉藤慶太)が送致される。池内(益岡徹)がひったくり犯を追跡中、たまたま民家の庭先に潜んでいた望月を見 つけたのだ。望月は傷害と暴行で少年院を出たり入ったりしていた。「腹痛を覚え、トイレを借りようと思って庭に入った」と警察で供述したが、侵入したのは 1年前まで同じ工場で働いていた先輩職人・谷垣(笹野高史)の自宅だった。谷垣は「へら絞り」と呼ばれる金属板を成形する技術を持つ職人で、4年前、工場 で働き始めた望月は、谷垣が退職するまでの3年間、毎日態度や仕事について怒鳴られ続けたという。あやは望月が嫌っていた谷垣の家で、トイレを借りようと したことに疑問を抱くが、望月は反抗的で取り調べもままならない。さらに、あやが気になったのは、谷垣と全く連絡が取れないことだった。

第5話 2012年8月16日「女系家族の罠!!孫を誘拐した33歳の祖母」
  スーパーの駐車場で、車内に寝かされていた赤ん坊が誘拐される。母親の由樹奈(相川結)が買い物をしている間、車で待っているはずの夫・剛(小谷幸弘)が 目を離した隙の出来事だった。たまたま現場に遭遇した刑事の成増(寺島進)は、必死になって捜索するが、赤ん坊は見つからない。翌日、史歩(尾高杏奈)と いう女性が、赤ん坊を連れて自首してきた。史歩は「赤ちゃんが欲しかったから盗んだ」と供述。ところが、史歩が誘拐した赤ん坊は、同じスポーツジムで働く 同僚・五月(岩崎ひろみ)の孫だと判明する。五月は由樹奈の母で、33歳でありながら「おばあちゃん」だった。五月は17歳で由樹奈を生み、由樹奈も16 歳で出産したという。あや(名取裕子)の元に送致されてきた史歩は「五月から、孫を誘拐してくれと頼まれた」と供述を変える。一方、事務官の井森(大杉 漣)は、成増とあやの娘りん(脇沢佳奈)が産婦人科医院から仲良く出てくるのを目撃する。

第6話 2012年8月23日「ぬか漬女と香水女!!サギ師に心奪われて」
  あや(名取裕子)の元に、殺人事件の被疑者である主婦・勝代(室井滋)が送致されてくる。コンサルタント会社社長を名乗る風間(湯江健幸)が刺殺された現 場で逮捕されたのだが、勝代は犯行を否認。金を取り戻すために事務所に乗り込んだら、既に殺害されていたと主張する。勝代は風間から耳寄りな出資話がある と持ち掛けられ、300万円をだまし取られていたのだ。勝代が自宅に残してきたミニトマトのぬか漬けを心配する様子に疑問を抱いたあやは、彼女の自宅を訪 ねる。そこで、倹約家の勝代には不似合いな高価な香水を発見。さらに1カ月ほど前に、勝代が高級ホテルのロビーに立ち寄っていた事実が浮上する。そこで勝 代が会っていたのは、働く女性を支援する会社を営む社長の梢(根本りつ子)で、二人は中学校時代の同級生だという。そんな中、殺害された風間の指から香水 の成分が検出され、それが勝代のものと一致。それを聞いた勝代は、手のひらを返したように全面自供する。

第7話 2012年8月30日「娘から母への脅迫状移動した死体の謎!!」
  レコード店でバイオリニスト・宏子(多岐川裕美)のポスターに、スプレーペンキを噴射した咲子(笛木優子)が逮捕される。しかし、咲子は宏子の娘だと分か る。店側が被害申告を取りやめたため事件としては扱わないことになったが、あや(名取裕子)は宏子と咲子のことで、高原(蟹江敬三)から相談を受ける。高 原は宏子と同級生で、宏子によると、スプレー事件の前にも咲子から「おまえの指をたたき折る」という脅迫状が届いたという。咲子は長年にわたって宏子の身 の回りの世話を担当し、演奏ツアーにも同行したが、先月、急に家を出てコンビニで働き始めたらしい。咲子の行動がエスカレートしていることに危機感を抱い たあやは彼女に会うが、宏子のことを「あの人は怪物だ」とつぶやくだけ。その後、あやが宏子に会うと、咲子に交際相手が出現したことで、親子間でもめるよ うになったと白状する。

最終話 2012年9月6日「冤罪の罠に落ちた主婦のカン!!鶴丸あや…最後の危機」
  15年前に起きた強盗殺人事件で、あや(名取裕子)が起訴した真下(春田純一)元被告の高等裁判所差し戻し審の判決が出る日、真下の妹・朋子(有森也実) が地検の前であやを待ち構えていた。この事件は警察のずさんな捜査が招いた冤罪(えんざい)とされており、朋子は「どう兄にわびるつもりなの」と、あやに 食って掛かる。そして、大方の予想通り無罪判決が言い渡され、朋子はしつこくあやを待ち伏せ、兄に頭を下げるよう責め立てる。一方、池内刑事(益岡徹) は、早朝に起こった強盗致傷事件の取り調べに追われていた。

第8シリーズ各話視聴率


第9シリーズ (2013年)
放映期間:7月18日-9月5日
平均視聴率:11.13%(関東地区)
主題歌:AZU 「Circles of Life」( アリオラジャパン)
初回・第4話は19:00 - 20:54の2時間スペシャル(一部地域は19:04飛び乗り)。
このシリーズ以降の『木曜ミステリー』は通常時の開始時刻が2分繰り上がり、19:58開始となる(ただし、テレビ朝日他一部系列局を除き、従前の開始時刻20:00に飛び乗り)。
2013年8月8日・29日は『いきなり!黄金伝説。2時間スペシャル』放送のため休止。

ストーリー
すっかり京都地検の顔となったあや(名取裕子)は東京に夫を残し、念願の教師となった娘・りん(脇沢佳奈)と二人で暮らしていた。そんなある日、りんから突然の“結婚宣言”が飛び出す。さらに、犬猿の仲である成増警部(寺島進)の娘・友子(前田亜季)が、とある事情からあやの家で生活することに。これまでとは環境が激変する中、あやは京都の街で巻き起こる数々の事件の捜査に挑むことになる。

各話あらすじ
第1話 2013年7月18日 初回2時間SP「たった一人の反乱!環境汚染に挑むシングルマザー!!大学教授の死の裏に3つの殺意!主婦の勘が暴く人権派弁護士の罠」 ※19:00〜20:54

 京都地検の検事・あや(名取裕子)のもとに大麻取締法違反の容疑でサチ子(青木さやか)が送致されてきた。スナックを営むサチ子は、変死した常連客の大学 教授・黒木(小倉一郎)の第一発見者で、事情聴取中に彼女の所持品から大麻が発見されたという。サチ子の周辺をあやが調べると、彼女は元化学工場の跡地に 建設されたマンションの土壌汚染を疑い、黒木と共に建設会社や市役所に抗議行動を続けていたことが分かる。

第2話 2013年7月25日「殺人夫に尽くす妻!!不可解な完全黙秘…外された結婚指輪の謎」
 大手メーカーの会社員・扶美子(七海薫子)が自宅マンションで絞殺された事件で、あや(名取裕子)の元に、被疑者の水沢(天宮良)が送致されてきた。水 沢は扶美子の上司で、二人は不倫関係にあったらしく、現場の部屋からは、彼の指紋が多数検出された。しかし、水沢は警察に任意同行された直後、いったんは 犯行を認めたものの、会社の顧問弁護士と接見してからは完全に黙秘してしまい、いまだに調書も取れないという。あやの取り調べに対しても、水沢は全く口を 開かない。やむなく補充捜査を始めたあやは、水沢の妻・渚(山下容莉枝)と娘・萌(寺島咲)に話を聞くが、仕事一筋の水沢に愛人などいるわけがない、真犯 人に陥れられたに違いないと口をそろえる。そして、萌が結婚間近だと知ったあやは、婚約者の北島(笠原秀幸)に会いに行く。北島によると、事件直後、渚が 会社に押し掛けて「結婚式は予定通りに挙げるように」と、固くくぎを刺されたという。その渚の行動や、彼女が結婚指輪を外していること、水沢が妻からの差 し入れを拒否し続けていることなどに、あやは違和感を抱く。
※一部地域は20:00〜

第3話 2013年8月1日「アベノミクスの光と影…金!男女!欲望!7キロ先の殺人を目撃した理由!!」

 ヤミ金融業者の赤松(西村匡生)が殺害され、目撃証言が決め手となって、弟分の根本(山崎裕太)が逮捕された。根本は警察の取り調べで殺害を自供してい たが、あや(名取裕子)の前で突然「間違いだ」と口走る。驚くあやに、根本は殺害したことは認めるものの、自分はだまされたのだと言いだす。根本は、交際 相手のユカリ(大和田美帆)と赤松が自分の目を盗んで関係していると思い込み、かっとなって殺害に至ったと供述するが、実際に二人が会っている現場を見た こともなく、赤松とユカリの関係をほのめかすメモや電話が度々、自分の元に届いたため、疑ってしまったという。疑問を抱いたあやは、根本逮捕の決め手と なった目撃者・宇田川(北見敏之)を訪ねる。宇田川は、歩いていたら、時折パチンコ店で見掛けていた根本が、ビルから飛び出してくるのに出くわしただけだ と主張する。しかし間もなく、あやは事件の背後に潜む意外な実態を知る。宇田川は生活保護を受給しており、彼が暮らすマンションの住民の大半もまた、生活 保護を受けていたのだ。そして、彼らの入居をあっせんしたのは、赤松と根本だった。
※一部地域は20:00〜

※2013年8月8日は、「
いきなり!黄金伝説。2時間SP 19:00〜20:54」放送のため、休止。

第4話 2013年8月15日 2時間SP「主婦の勘が夏の京都を斬る!犯罪者になってください!!京都嵐山涙の約束が呼ぶ殺意…22年前の琵琶湖から謎の脅迫!!」 (19:00〜20:54)
 若者5人が暮らすシェアハウスで放火事件が発生、住人らの目撃証言から、近所に住むパート女性・えり子(朝加真由美)が逮捕され、あや(名取裕子)の元に送致されてきた。犯行の2時間前、えり子がスーパーでひき肉などギョーザの材料を購入していたことから、あやは「急に放火を思い立った」という彼女の告白を不自然に思う。また、えり子が作ったギョーザのあんを確認したあやは、水分の多さから、大量にギョーザを作って冷凍するつもりだったという供述をうそだと見抜く。ところが、取り調べ中、えり子が倒れ、緊急入院する。彼女はかねて持病を抱えていたにもかかわらず、放置していたのだ。一方、あやがかつて更生させたカフェのオーナー・三浦(須賀貴匡)の店で、悪質な落書きが見つかる。現在、三浦は繁華街で非行少年たちに声を掛ける活動を続ける傍ら、居場所のない若者たちの駆け込み寺としてカフェを開放していた。心配してカフェを訪ねたあやに、三浦は最近「人殺し」とだけ告げて切れる嫌がらせ電話が続いていると打ち明ける。その後、二人はインタビューを申し込んできた新聞記者・若村(井之上チャル)の取材を受けるが、記事が掲載された直後、あやの自宅にも落書きされる事件が起きる。※一部地域は19:04〜

第5話 2013年8月22日「女検事vs女弁護士!!死角の中の罠…強盗が2秒間静止した謎!」
 金券ショップに押し入った強盗を、店員の今村(内田朝陽)が刺殺する事件が起きる。金庫の中の金を奪われるのを防ぐため、勇気を出して非常ボタンを押し たところ、逆上した強盗に腹を刺され、その後、無我夢中で強盗の胸を刺してしまったという。成増(寺島進)と池内(益岡徹)が防犯カメラを確認すると、今 村が強盗と刺し合った肝心な部分がカウンターの陰で映っておらず、映像からは正当防衛だと判断できなかった。程なくして、強盗の身元が出月(増田広司)と 判明し、被疑者死亡のまま書類送検されてくる。あや(名取裕子)は、なぜ核心部分がカメラの死角になっているのか疑問に思い、成増たちと、入院中の今村の 事情聴取に向かう。そんなあやたちの前に、弁護士の清美(かとうかず子)が立ちはだかる。清美は自ら弁護を申し出たらしく、あやたちをけん制する。※一部地域は20:00〜

※2013年8月29日は、「いきなり!黄金伝説。2時間SP(19:00〜20:54)」を放送のため、休止。

最終話 2013年9月5日「鶴丸あや、殉職…!?死なないで!雨の京都に響く悲痛な叫び!!」
 連日、残業で徹夜続きのあや(名取裕子)は、取り調べでもミスを連発し、事務官の井森(大杉漣)が心配するほど、疲労困憊(こんぱい)していた。一方、 刑事部部長・高原(蟹江敬三)は取り立て屋の河村(榊英雄)から、息子で弁護士の良(松尾敏伸)が良からぬビジネスに関わっているといううわさがあると聞 く。良は別れた妻に引き取られたため、高原とは長らく別れて暮らしていたが、父親への憧れが強く司法の道を志し、かつてはあやの下で司法修習をした経験が あった。現在は弁護士として独り立ちしていたが、何らかの原因で多額の借金を背負ったため、危険なビジネスに関わるようになったという。久しぶりに良と電 話で話した高原は、良の衝撃的な言葉に驚く。ある夜、帰宅途中のあやが何者かに腹部を刺される。※一部地域は20:00〜


第9シリーズ各話視聴率


テレビ朝日による公式サイト
京都地検の女(第2シリーズ)
京都地検の女(第3シリーズ)
京都地検の女(第4シリーズ)
京都地検の女(第5シリーズ)
京都地検の女(第6シリーズ)
京都地検の女(第7シリーズ)
京都地検の女(第8シリーズ)
京都地検の女(第9シリーズ)

東映による公式サイト
京都地検の女(第1シリーズ)
京都地検の女(第2シリーズ)
京都地検の女(第3シリーズ)
京都地検の女(第4シリーズ)
京都地検の女(第5シリーズ)
京都地検の女(第7シリーズ)
京都地検の女(第8シリーズ)


(京都地検の女 - Wikipedia)

『京都地検の女 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(2) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また京都地検の女をやって欲しいです
Posted by 深澤愛咲美 at 2012年12月12日 23:59
コメントありがとうございます。
テレビ局もまだ終わらせるつもりはないと思いますよ。
次のシリーズは来年か再来年ですかね。確証はないですが。
Posted by Dhunting at 2012年12月13日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索