2010年09月06日

ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第11話

 ある夜、神南署管内のクラブで藤井佐智子(東山麻美)という女性が、突然倒れ死亡した。通報を受けて現場検証する安積班と鑑識チーム。現場の状況から、鑑識の石倉(唐十郎)の見立てでは、青酸カリによる毒殺とのこと。ほどなく、彼女が飲んでいたカクテルから青酸カリが検出された。

 この一ヶ月の間、池袋と新宿でも青酸カリ混入事件が発生しており、この事件の翌日、警視庁との合同捜査が決まった。本庁の担当は高野警部(宇梶剛士)。以前にも安積(佐々木蔵之介)と捜査方針の違いで衝突した曲者だ。

 高野は、一連の事件を同一人物による犯行と断定、クラブの従業員や客をしらみ潰しに当たるよう指示。安積は被害者の周辺も捜査すべきだと進言するが、充てられる人員は2人だけだと一蹴される。

 安積は村雨(中村俊介)と桜井(山口翔悟)に被害者の身辺を調査するよう指示するが、佐智子の職場や自宅を当たっても、目ぼしい手がかりはつかめなかった。そんなとき、新聞を読んでいた須田(塚地武雅)があることに気づく。クラブの事件と同時刻に、荻窪で殺人事件があったのだが、その被害者の勤め先はニシダ建設という会社で、そして事件が起きたクラブの客の中にも、ニシダ建設の人間がいたのだ。これは偶然なのか?

 それを受け、被害者の身辺捜査に水野(黒谷友香)も加わり、事件当日、クラブにいたニシダ建設に勤める久保田泉美(高橋かおり)の元へ、村雨と水野が話を聞きに向かった。村雨らの質問に対して、淀みなく話す泉美だったが、村雨と水野はその態度に違和感を覚える。

 その一方、高野は豊川(勝也)という若者を、重要参考人として神南署へと連れ来た。豊川も事件のあった夜クラブにいた人物で、青酸カリを使用するメッキ工場勤めの知人がいるとのことだった。ただそれだけの理由で豊川から自白を強要する高野のやり方に、安積は公然と異を唱える。


ハンチョウ〜神南署安積班〜TOPへ各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ3 第...
Excerpt: 『警視庁VS安積班…青酸カリ無差別殺人事件内容神南署管内のとあるライブハウスで藤井佐智子(東山麻美)が突然倒れ、、死亡。安積(佐々木蔵之介)たちが、捜査に乗り出し、クラ...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-14 17:57

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索