2010年09月04日

桂ちづる診察日録 第2話

第2回『花ろうそく』

 女医の桂千鶴(市川由衣)は、牢屋で病死したお栄(エリカ)の誤診を悔やんでいる。心配した酔楽(三宅裕司)先生に、父の東湖(遠藤憲一)が書いたカルテの日記「診察日録」は良い教科書になると読むのを薦められる。読んで励まされた千鶴は、予防のため女囚全員を診察する。一方で、お栄と喜兵衛(平岳大)の事情が次第に見えてくる…。


桂ちづる診察日録 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『桂ちづる診察日録 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇『桂ちづる診察日録』 第...
Excerpt: 『花ろうそく』内容千鶴(市川由衣)の治療むなしく、牢でお栄(エリカ)が病死した。獄中で産まれたお栄の子供・おふくの養子先が見つかるまで、預かることを決めた千鶴。その一方...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-12 20:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索