2010年09月02日

科捜研の女 第10シリーズ 第9話

急成長中の会社の社長・竹地国男(伊庭剛)の死体が見つかった。別の場所で撲殺され、遺棄されたものと思われたが、殺害現場を特定しようと衣服に付着した土を分析した結果、なんと日本のどこにも一致する地域がなかった。つまり、それは“どこにも存在しない場所の土”だったのだ…!

 しかも、その土から5年前に絶滅が発表された花“ヤマトシュンラン”の成分が検出され、榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーはいったいどういうことなのかと首を傾げる。

 手がかりを求め、マリコはヤマトシュンラン研究の第一人者である生物学者・西尾晴彦(佐野史郎)を訪ねるが、西尾ははぐらかしてばかり。

 そんな中、竹地の会社が6年前、ヤマトシュンランが生息していた森を破壊し、リゾート施設を建設していたことが判明。マリコは、建設反対派が集めた署名の中に、西尾の名前がないことに不審を抱くが…!?


科捜研の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『科捜研の女 第10シリーズ 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女(10) CASE.9 絶滅し...
Excerpt: 『生物学者VSマリコ!幻の花に潜む殺意!!内容洛南コーポレーション社長・竹地国男(伊庭剛)の死体が発見される。マリコ(沢口靖子)ら科捜研は、別の場所で撲殺され、運ばれた...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-10 17:42

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索