2010年08月26日

警視庁継続捜査班 第7話

2004年、資産家の老人が刺殺され、遺体を燃やされるという事件が発生。さらに自宅に保管した五千万円が持ち去られていた。当時の捜査本部は、現場に残った指紋などから桂木洋介(小林隆)を犯人と断定し、指名手配した。しかし、桂木は逮捕されず、事件は未解決のまま、六年の月日が流れた。

そして現在。当時、老人の家で家政婦をしていた女性が、事件に関する告白を手紙にしたためる半ばで病死した。彼女は老人の金を目当てに家に忍び込んだが、そこである男が老人を殺害するのを偶然目にしたというのだ。ところが、手紙は肝心の犯人の正体を明かすことなく、途中で終わってしまっていた。継続捜査班の面々は、わざわざこのような遺書が残された理由は、真犯人が桂木ではないからだと考え、事件の再捜査を始める。

真奈美(木村佳乃)は、桂木の娘・冴子(佐藤仁美)に話を聞きに行く。冴子は、事件当初から父の無罪を信じていたと訴えると、水城紀子(余貴美子)だけが自分の言い分に耳を傾けてくれたと打ち明ける。紀子は当時、プロファイラーとしてこの事件に関わっていたのだった。事件を解決に導くことができなかったことを今も悔やんでいる紀子は、真奈美に自分の願いを託した。そんな矢先、さらなる殺人事件が発生する!

一方、真奈美は、父の無実を信じる冴子の思いと、事件解決を願う紀子の思いを受けて、もう一度事件現場を訪れる。そんな真奈美の脳裏に、ある疑問が浮かぶ…。この疑問が、真奈美を事件解決に導く!



警視庁継続捜査班 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『警視庁継続捜査班 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「警視庁継続捜査班」第7話
Excerpt: 76年前、資産家の老人が殺され、彼が保管していた現金が持ち去られた。当時、彼の資産運用を担当していた桂木が容疑者として指名手配されたが、桂木は今も逃亡を続けていた。そん...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-09-03 09:52

警視庁継続捜査班 第7話 水城のプロファ...
Excerpt: 『父の無実を信じる娘と、事件解決を願う紀子。 2人の思いを受けて、真奈美が犯人に迫る!“最後の未解決殺人!?失踪人の謎内容2004年、資産家の橋田喜久雄が、刺殺され燃や...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-03 18:18
ドラマ/アイウエオ順検索