2010年08月26日

科捜研の女 第10シリーズ 第8話

空き地で、身元不明の若い女性の刺殺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らの検視の結果、被害者の髪に白い糸が付着しているのが見つかり、手のひらからはシナモンなどのスパイスに含まれる匂いの成分が検出された。

 やがて、被害者が魚住笙子(遠野あすか)という東京からの旅行者であることが判明。事件の日、香木店の店主・寺尾隆文(瑞木健太郎)と行動を共にしていたことがわかる。

 寺尾によると、笙子は人捜しのために何度も京都を訪れており、寺尾は彼女の熱意に打たれて手伝っていたという。笙子が捜していたのは、昨年8月、京都市内のある橋の近くで出会った人物。その人からは“お香”のような甘い匂いがしたといい、笙子は匂いだけを手がかりに、その人物を見つけ出そうとしていたらしい。

 マリコは香りだけを手がかりに人捜しをすることを不思議に思うが、事件当日、笙子が寺尾と別れた後、ひとりで草木染めの工房を訪れていたことが判明、染織家・永田昭典(升毅)の仕事場を訪ねる…。


科捜研の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『科捜研の女 第10シリーズ 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女(10) CASE.8 ニオイ...
Excerpt: 『もうひとつの殺人!残り香を探す女の謎内容ある日の昼さがり、公園で、女性の刺殺体が発見される。マリコ(沢口靖子)ら科捜研は、状況から他の場所で殺され運ばれてきたと判断被...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-09-03 18:16

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索