2010年08月23日

ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第9話

ある夏の夜、殺人事件が発生した。殺されたのは三咲奈穂美(山口美沙)という美容師の卵で、何か刃物で全身をめった刺しにされていた。遅れて現場に到着した真帆(黒谷友香)は、被害者を確認して愕然とする。奈穂美は真帆が通う美容院に勤務しており、数日前にも会話をしていたのだ。彼女の無念を晴らすため、真帆は精力的に聞き込みをして回る。

 そんなとき、奈穂美の携帯電話の通信履歴から、意外な人物がリストアップされた。織田朔太郎(羽場裕一)だ。織田は東新宿署の地域課課長で、真帆の警察学校時代の同期・響子(伊藤裕子)の夫。ほどなく、安積(佐々木蔵之介)は真帆を伴い、東新宿署の織田に話を聞く。織田は以前、奈穂美が不良グループから更生するのを支援し、それをきっかけに、しばしば連絡を取り合っていたという。そして、当時の不良グループのリーダー・本田(北条隆博)が、最近になって奈穂美の行方を嗅ぎまわっていたとのことだった。その情報を受け、本田を取り調べるが、奈穂美殺害時には完全なアリバイがあった。

 捜査は振り出しに戻ってしまった。彼女が携帯電話でやり取りをしていたのは、美容院関係の数人と織田。真帆はまさかとは思いながらも、織田に疑いの目を向ける。その翌日、真帆は織田の自宅を訪れ、響子との久々の再会もそこそこに、織田の事件当夜のアリバイを尋ねる。言葉を濁す織田だったが、そこで響子が助け舟を出した…。

 二人のやり取りに違和感を感じた真帆は、織田が何かを隠しているという気がしてならない。一方、須田(塚地武雅)は被害者の部屋に飾ってあった写真に写っていたぬいぐるみが、部屋になかったことを気にしていた。また、村雨(中村俊介)は、刺し傷の状況から、女性の犯行ではないかと推理する。


ハンチョウ〜神南署安積班〜TOPへ各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ3 第...
Excerpt: 『暴かれた素顔…美容師ストーカー殺人事件内容ある日の夜。三咲奈穂美(山口美沙)という女性が刺殺体で発見される。第1発見者は、隣の古川史織(明星真由美)部屋の前を通りかか...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-08-31 18:10

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索