2010年08月12日

科捜研の女 第10シリーズ 第6話

アパートの浴槽でOL・須藤歩美(池田愛)が溺死しているのを、同僚の小山内佳奈(山田麻衣子)が発見した。榊マリコ(沢口靖子)らが検死したものの、解剖してみないことには事故なのか、自殺か他殺かも判断できない状況だった。

 その日は解剖医の風丘早月(若村麻由美)にほかの解剖予定が入っていたため、早月の恩師で洛北医大教授の本間茂則(平田満)が解剖を担当。胃の中から睡眠導入剤が検出され、事故や自殺の線も捨てきれなかったが、本間は他殺の可能性を示唆。事件後、行方をくらましていた同居人の今井健人(波岡一喜)が疑われる。

 だがその後、解剖に立ち会うはずだった助手が、本間から用事を言いつけられて外されていたことが発覚。本間が単独で遺体解剖を行ったと知った土門刑事(内藤剛志)は解剖所見に不信感を抱く…。


科捜研の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『科捜研の女 第10シリーズ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女(10) CASE.6 疑惑の...
Excerpt: 『疑惑の遺体解剖!残された皮膚片の秘密内容とあるアパートの浴槽で須藤歩美(池田愛)の溺死体が発見された。駆けつけたマリコ(沢口靖子)だったが、状況から自他殺、、、不明第...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-08-20 17:50

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索