2010年08月06日

モテキ 第5話

幸世(森山未來)は、父親が階段から落ちてけがをしたとの連絡を受け実家に戻った。

その夜、後輩のブル子(小林きな子)から、会いたいと電話がかかってくる。ブル子は幸世に唯一、好きだと告白してきた女性だが、交際はしなかった。ブル子が好みのタイプの女性になっていると期待した幸世は、呼び出された店へ向かう。

ところが、ブル子は全く変わっていない上、夫と子供がいた。落胆する幸世に、カウンター席の女性が話し掛けてくる。彼女は幸世の中学時代の同級生、尚子(菊地凛子)だった。


モテキ TOP

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:モテキ

『モテキ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モテキ。第四話五話感想
Excerpt: ■四話 「もしもし。なんかさ、私のことずっと放置してない?」2年ぶりの松本莉緒からの電話に顔が冴えない森山未來。<人生で一番好きだった女>からの電話だ、うれしくないはずはない。だが、過去に想いを巡ら..
Weblog: NelsonTouchBlog
Tracked: 2010-08-15 01:24

ドラマ24『モテキ』 第5話 リンダリンダ
Excerpt: 『リンダリンダ』内容“人生でいちばん好きだった女”小宮山夏樹(松本莉緒)と熱いキスをした藤本(森山未來)だったが、、、ホテルでまさかの事態で。。。。。。。。ED!?。。...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-08-17 21:15

自分の胸の鼓動が耳障りな心の小さいどぶネズミみたく(森山未來)優しく美しく暖かく(志保)
Excerpt: 熱帯夜、猛暑日、熱帯夜・・・アナログテレビ最後の夏は酷暑である。 夏の定番戦争ドラマも低調である。「眼下の敵」を生ぬるくしたようなファンタジー「真夏のオリオン」放映も、英霊ものというより、末期医療もの..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2010-08-18 04:35

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索