2010年08月03日

逃亡弁護士 第6話

目の前に絵美(石原さとみ)が現れ、驚きを隠せない成田(上地雄輔)。
絵美は、逮捕直前の浅沼(姜暢雄)から、成田の冤罪の真相解明に協力するよう電話で頼まれていた。成田は早速、美由紀(村川絵梨)に虚偽の証言をさせた “フクナガ”という人物について、生前の二ノ宮(船越英一郎)がつかんでいた情報を調べるよう絵美に頼む。しかし絵美は、事件から1年以上経ってなお冤罪の証拠を一つも挙げられない成田を信じ切ることができない。

その矢先、絵美の妹・まどか(折山みゆ)が、友達・橋元望(波瑠)の自殺を止めようとして、まきぞえでケガをしてしまう。
望は、知り合いの男性にレイプされ、妊娠してしまったのだという。母親にすら相談できず一人思い悩む望を不憫に思った絵美は、成田に協力を仰ぐ。成田は早速、望から事情を聞く。

相手の男性はバイト先のカフェで知り合った常連客の大学生。デートの途中で急激な眠気に襲われ、気付いた時にはホテルのベッドの上で、抵抗しようにも逃げ切れなかったという。薬を使用したかもしれない悪質なレイプ事件に、成田は望の働いているカフェで聞き込みを開始するが、店側によると望は随分前に辞めており、問題の男性との出会いが成立しない。

不審に思った成田は改めて望の自宅に赴き、経緯を一つ一つ尋ねるが、望の証言は一貫性がなく、成田は望が嘘をついていると確信する。彼女の部屋に氾濫する高級ブランド品の数々から、本当は援助交際をしており、妊娠もそれが原因ではないかと言う成田に、「アナタはやっぱり信用できない」と不信感を露わにする絵美。

しかし、事実は成田の推測通りだった。両親の愛情に飢えていた望は孤独を埋めるため援助交際に走り、いつしか男性からのプレゼントに自分の存在価値を見出すようになっていった。その揚げ句の果ての妊娠……。

ひどく自己嫌悪に陥る望を成田は優しく励ます。そして相手の男性にも掛け合って、望を窮地から救い出す。この誠実な対応に、絵美は頑なだった態度を軟化させ、二ノ宮が握っていたフクナガの事務所の住所を成田に教えるのだった。早速、フクナガの事務所にやって来た成田は、手かがりを見つけようと事務所内を物色し始める。

しかし、その直後、背後から何者かが刃物を振りかざしてきて…!


逃亡弁護士 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:逃亡弁護士

『逃亡弁護士 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逃亡弁護士 第6話 手がかり
Excerpt: 『手がかり』“真犯人の手がかり内容浅沼(姜暢雄)の協力で、小早川美由紀(村川絵梨)の居るホテルに向かった成田誠(上地雄輔)だったが、置き手紙を残し、、、美由紀の姿はなか...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-08-11 17:34

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索