2010年07月28日

新・警視庁捜査一課9係 season2 第6話

河川敷で若い女性2人の死体が発見された。被害者の口元には、2人とも同一の手作り口紅と思われるものが塗られていた。いったい何の目的で…?真澄(原沙知絵)の解剖によると、死因は窒息死。首には絞められた痕がなかった。そして、被害者の一人は、顔に整形手術を受けた事が分かった。

 指紋から整形していない方が、恐喝で検挙された過去を持つ大橋彩という女性であることが判明した。美人局で有罪判決を受け、その後は、キャバクラで働いていたらしい。

 彩が勤めていたキャバクラで聞き込みを行った青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、元刑事で現在はテレビ番組のコメンテーターとして警察批判を繰り返している門脇が店の常連であることを知る。
 一方、村瀬(津田寛治)と志保(羽田美智子)は、残る一人の身元が佐々木明美というOLであることをつかむ。

 倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、現場で門脇とばったり遭遇する。直樹の所轄時代の先輩でもある門脇は、テレビ番組用に取材にやってきたという。その門脇は、直樹に「人はそう簡単には変われない」と謎めいた言葉を残して去る。どういうことなのか?倫太郎も直樹も首をかしげる…。

 倫太郎と直樹が現場の河川敷周辺で回収したポリ袋から唾液が検出され、被害者の一人と一致した。これが凶器である可能性が高くなったが、指紋も出ず、出所をたどるのも難しい。

 9係で倫太郎がテレビのスイッチをつけると、いつものように門脇が得意満面に事件についてコメントしている。そして、犯人しか知り得ない情報を語っていた。青柳は、門脇が犯人ではないかと推理する…。

 その後、3人目の遺体が発見された。被害者は、門脇が出ているワイドショーを放送しているテレビ局の受付嬢・福本敦子。やはり門脇が犯人なのか…。


新・警視庁捜査一課9係 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『新・警視庁捜査一課9係 season2 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新・警視庁捜査一課9係season2(5...
Excerpt: 『殺しのルージュ』内容河川敷で、ふたりの若い女性の死体が見つかった。目立った外傷が無く、状況から他の場所で殺され、、、運ばれたと考えられた。眼球には、点状出血があり窒息...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-08-05 17:56

新警視庁捜査一課9係第6話殺しのルージュ
Excerpt: 第6話「殺しのルージュ」公式HPよりあらすじ河川敷で若い女性2人の死体が発見された。被害者の口元には、2人とも同一の手作り口紅と思われるものが塗られていた。いったい何の目的...
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2010-08-06 23:09

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索