2010年07月13日

逃亡弁護士 第3話

所持金が底をつきレストランバーで働き始めた成田(上地雄輔)は、医大を目指す予備校生・山本(木村了)と出会う。彼はキャバクラ嬢・志穂(相武紗季)にストーカーされ、脅える日々を過ごしていた。

そんなある日、成田は美由紀(村川絵梨)の借金を取り立てに来ていた消費者金融会社へ出かけ、美由紀のことを尋ねるが、あっさりとあしらわれてしまう。だが、成田は事件当夜に出会った美由紀の服装などからヒントを得て、水商売の女性が集まる繁華街で聞き込み調査をする。一方、真船(北村一輝)も独自の調査で、成田が繁華街に現れるとにらみ、亮子(矢田亜希子)に捜査員を投入するよう指示していた。

美由紀の聞き込み調査をしていた成田は、警官の姿を見て逃げる途中、足をくじき、出会った山本に助けられる。
そこで、山本に振り向いてもらえず逆恨みをした志穂が、彼にストーカー行為をされているというウソの被害届を出し、警察から山本に警告書が届けられたことを知る。

成田に説得され、虚偽告訴の罪で志穂を逆告訴しようと警察に出かけた山本は、身に覚えのない証拠品を見せつけられ落胆。
さらに、そんな山本の様子を影でうかがっていた不気味な人物・小森(弓削智久)に車道へ突き飛ばされ、「志穂に近づいたら殺す」と脅迫されてしまう。

成田は、指名手配犯と知られた志穂に、見逃してやる代わりにある男を殺して欲しいと取引を持ちかけられるが拒否。
逆上した志穂に「指名手配犯です!」と大声で叫ばれ、警官に追われて逃げるものの、二ノ宮(船越英一郎)の教えが頭をよぎり、山本と志穂を対面させる。

そして過去に志穂が小森によるストーカーの被害に遭い、死を考えるほどつらい思いをしたことが、今回の虚偽告訴につながったこと、志穂は小森によるストーカーの被害者なので、弁護士に相談して警察に行くべきだとアドバイス。志穂は涙を流し、山本に謝罪する。

一方、絵美(石原さとみ)は亮子に、真船が本当に成田を捕まえる気があるのかと問い詰めていた。
成田が逃亡中に捕まる危険を冒してまで人助けをしている事実を知り、本当に彼が犯人なのかと混乱する亮子。
さらに絵美も、成田が本当に父を殺したのかわからず苦しむ。「アクサル法律事務所」を訪れた山本と志穂は、これまでの経緯を連光寺(豊原功補)に説明。

偶然2人に出会った絵美は、志穂から成田がある人物と待ち合わせしていることを聞き出す。事務所内で盗み聞きしている人物がいるとは知らずに…。


逃亡弁護士 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

タグ:逃亡弁護士

『逃亡弁護士 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

弁護士 について調べてみた
Excerpt: 今日は最近の個人的に話題の弁護士について語ります。私の周りでは弁護士について話す機会が多く、皆さんそれなりのマニアになっています。そんなことで私もインターネットで弁護士について調査してみることにしまし..
Weblog: 弁護士
Tracked: 2010-07-14 13:57

ブザー・ビート〜崖っぷちの弁護士(逃亡弁護士#3)
Excerpt: 『逃亡弁護士』警察が潜伏先に突入した時には、もう姿はなかった。逮捕されそうになりながらも、いつも逃げ切って逃亡を続ける成田誠@上地雄輔は、「レストランバー ラ・コジャック」で厨房スタッフとした働き始め..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-07-21 19:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索