2010年07月12日

夏の恋は虹色に輝く 第1話

楠大雅(松本潤)は、名俳優・楠航太郎(伊東四朗)を父に、元女優の真知子(松坂慶子)を母に持ち、自身も俳優を家業とするいわゆる二世俳優。

しかし、あまりにも偉大な父には遠く及ばず、鳴かず飛ばずの日々を送っている。生活は未だに親頼み。恋愛も自分だけを見て愛してくれる彼女の出現を待ち続けて 26年経ってしまった。つい先日も大雅は、箸の持ち方が気に入らないと付き合っていた女性と別れたばかり。

そんな大雅の友人は、同じく二世俳優の植野慶太(笠原秀幸)。同じ境遇からか気が合う2人はオフでは一緒に遊ぶ仲だ。その日も優雅にスカイダイビン グを楽しんでいたが、大雅だけ風に流され、着地地点から大幅に離れた海の近くの雑木林に落下。地面への激突は免れたものの、気づけば大雅は木の枝に引っかかり、宙ぶらりん状態に。

逃れようなく困っていると、ちょうど道を走ってくる女性が…。それも、ちょっといい女。急いでその女性に声をかけ助けを求めるものの、大雅も俳優の端くれ。警察に電話や、人を呼ぶなど世間に醜態をさらすわけにはいかず、とにかく他の方法で降ろして欲しいと頼む。

すると女性は近くの木によじ登り、ハサミでパラシュートの紐を切り離す。大雅は地面に再び落下。彼女は大雅の無事を確認すると、急いでいるからと名も告げずに走り去ってしまう。この女性が北村詩織(竹内結子)。

オーディションに落ち、ドラマへの出演話のない大雅。事務所の青木久雄(松重豊)はバラエティーをブッキングしようとするが、大雅は嫌がる。そんな話をしていると、航太郎が入院したとの報が入った。

慌てて病院に駆けつけると、ベッドの脇で神妙な面持ちの真知子と兄の大貴(沢村一樹)。不吉な予感に動かぬ航太郎の名を大雅が叫ぶと、パチリと目が開く。航太郎は、ただの捻挫。大雅は家族にかつがれたのだ。

さて、大雅はひどい目に遭ったものの先日の名も知らぬ女性、詩織が気になって仕方なく、出会った場所に向かう。行き当たりばったりで、会えるわけもないと帰ろうとすると、詩織が自転車で通り過ぎて行くではないか。大雅が追うと、詩織は一人砂浜で大声で泣いていた…。

そっと近づいた大雅に気づいた詩織は、名前で呼びかける。もしかして脈あり? と、ドキドキの大雅だったが、詩織は航太郎の大ファンだとのこと。そして大雅は、自分の立場を話し、詩織も働いていた工場がなくなることなどを話した。だが、大雅が名前を聞こうとすると、詩織はまたしても去ってしまう。

大雅が航太郎の見舞いに行くと、自分が端役で出演したドラマを見ている。大雅がたいしたことのない役など見ないで欲しいと言うと、航太郎は真面目に切り出した。もっと、自由になれ…大雅らしい俳優になれ…と。父の言葉が心に響く大雅だが、素直にありがとうとは言えなかった。

数日後、大雅は大後悔することになる。なんと、航太郎が急に亡くなってしまったのだ。

航太郎がいなくなった事務所には、若手だが子役から女優として活躍する宮瀬桜(桐谷美玲)が入ってきた。青木は航太郎に生前から頼まれていたらしい。桜が事務所を出て行くのと入れ違いに入ってきたのは詩織。

その時、大雅は航太郎の追悼番組への出演を求める青木と大もめ。役者の仕事を持って来いと大口叩き、二世俳優としての愚痴をこぼす大雅はピシャリと頬を叩かれた。

叩いたのは詩織。その勢いで、詩織は仕事が上手く行かないのは2世だからではなく、演技が下手くそだからだと大雅に突きつける。さすがにショックを受けて出て行こうとする大雅に、詩織はファンレターだと封筒を渡す。

家に帰った大雅が封筒を開くと、それは航太郎が詩織に宛てた手紙だった。そこには、自分の未来を予見したかのように大雅の応援を…ファンになって励まして欲しいと書かれていた。

航太郎の気持ちを受け取った大雅は墓前で号泣。その姿を、そっと見守る詩織。空には大きな虹がかかって…。

大雅は追悼番組に出演するが、事務所のみんなの反応はいまいち。それどころか、青木は今後の大雅のギャラは歩合にすると言う。今までは、航太郎の稼ぎで潤っていた事務所だったのだ。大雅、今月のギャラは3万円にも満たなかった。

と、そこに詩織が入ってくる。青木が事務として雇ったのだ。大雅が文句を言うと、詩織は「泣いていたくせに」とポツリ。まさか、父の墓前でのことを…と、人気のない場所で詩織に問う大雅。

とぼける詩織に、大雅は芝居だったと苦しい言い訳。すると詩織は芝居だとしたら、素晴らしかったと微笑む。微笑みながら見つめる詩織に大雅が思わず顔を近づけると、またしても殴られてしまう。倒れた大雅を覗き込む、小さな女の子は海(小林星蘭)。海は詩織に「ママ」と呼びかけて…。詩織は子持ちだったのか?


夏の恋は虹色に輝く TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『夏の恋は虹色に輝く 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

夏の恋は虹色に輝く 君をみつけた
Excerpt: 出ました、いかにも夏ドラマ! 有名人を両親にもち、親の七光りを前。今ひとつ活路を見いだせない試行錯誤中のジュニア君が恋をして、人間的にも成長していくオハナシなのかな? 主演は松本潤で、相手役が竹..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2010-07-20 17:35

【夏の恋は虹色に輝く】第1話
Excerpt: 僕は、僕を僕自身を愛してくれる女の子を見つけたい。そして26年目の夏ようやく見つけたんだ。キミを。レッドカーペットに下り立つ松じゅんを見た時。。。「花男」が始まったかと...
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2010-07-20 17:44

夏の恋は虹色に輝く 第1話 君をみつけた
Excerpt: 『君をみつけた』内容名優・楠航太郎(伊東四朗)を父に、女優・姫島真知子(松坂慶子)を母にもつ、2世俳優の楠大雅(松本潤)は、“俳優”とは言いながらも、父の栄光の影に隠れ...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-07-20 17:58

ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」第1話「君を...
Excerpt: 親の七光-----------。二世俳優として、育った楠大雅、26歳。始まりました!!松潤初の月9ドラマ♪これ、私的には結構楽しみにしてたドラマです(^^)色々な事に細かくて、真面目...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2010-07-20 19:14

ステキな子持ち〜ONCE IN A BLUE MOON(夏の恋は虹色に輝く#1)
Excerpt: 竹内結子があの言葉を!!!三谷幸喜監督最新作『ステキな金縛り〜ONCE IN A BLUE MOON』エキストラレポ『夏の恋は虹色に輝く(夏虹)』いきなりシャワーシーンのサービスかい(爆)映画「天国の..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-07-21 00:05

親の七光りにはもれなく親バカがついてきます(松本潤)親の心子知らずです(竹内結子)
Excerpt: バカな子ほどかわいいというが・・・溺愛された子供は・・・いい子に育つと同時にどうしてもスポイルされる。 しかし、温室育ちには温室育ちの魅力というものがある。 今回の・・・主人公はかなりダメな奴に育って..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2010-07-21 05:41

夏の恋は虹色に輝く 第1話
Excerpt: 夏の恋は虹色に輝くの第1話を見ました。――ムハマド・アリのこんな言葉を聞いたことはあるかな?チャンピオンになったら古いズボンをはき、汚い帽子を被って髭を生やして、そして...
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2010-07-21 13:23

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索