2010年07月05日

トラブルマン 第11話

徳田(加藤成亮)の職場で信じられない事件が勃発。菊子(上脇結衣)たちを病院で治療をしてもらった後、徳田は「これ以上、人を不幸にしたくない」と死を決意する。

雑居ビルの屋上に上った徳田は、そこで一通の封筒を目にする。「このまま飛び降りれば、楽になれる・・・」そう思った徳田だったが、この封筒を無くして困っている人がいるかもしれないと、封筒を手にして歩きだす。

古ぼけた民家を訪ねた徳田は、「またこの家族を地獄に突き落としてしまうかもしれない・・・」と迷うが、チャイムを鳴らし、出てきた夫婦に封筒を手渡す。すると、その夫婦は大喜びし、徳田にお礼を言う。嬉しくなり、涙を流す徳田。その後、「神様に生かされた・・・今を変えれば未来も変わる」と、人のために良いことを行う徳田。


トラブルマン TOPへ 各話視聴率

2010年春のドラマ(4-6月)TOPへ

『トラブルマン 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索