2010年04月30日

警視庁失踪人捜査課 第4話

4年間、自室に引きこもっていた26歳の青年が部屋から姿を消した。母親も息子と顔を合わせることがなかったため、いついなくなったかも分からないと話す。

高城(沢村一樹)らは捜査を開始。法月(小日向文世)らの調べで、青年は10日前の昼ごろにタクシーに乗ってブティックに向かい、新しい洋服を買いそろえていたことが分かる。室長の三浦(遠藤憲一)は青年の女性関係を調べるよう指示。

青年の大学時代の恋人から、彼が当時、友人と共に音楽活動に打ち込んでいたことを聞く。青年はプロを目指していたが、4年前に友人だけがスカウトされてプロデビューした。青年はそれが原因で引きこもるようになったという。

だがその友人も2年で契約を解除され、行方不明になっていた。やがて醍醐(北村有起哉)は、引きこもりの人たちが交流するサイトに青年がアクセスしていたことを突き止める。


警視庁失踪人捜査課 TOPへ 各話視聴率へ

2010年春のドラマ(4-6月)TOPへ

『警視庁失踪人捜査課 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警視庁失踪人捜査課 第4話 失踪したひき...
Excerpt: 『4年消えていた男』内容自室に4年間ひきこもっていた男・宮沢良雄(速水もこみち)が、突然、失踪。同居していた母・洋子(山本みどり)でさえ、いついなくなったか分からない。...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-05-08 17:59

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索