2010年04月25日

女帝 薫子 第1話

秋田で生まれ育った西村紗也(桐谷美玲)は、高校卒業と同時に東京・銀座に行く決意をしていた。紗也は父親が愛人に生ませた子ども。本妻に遠慮した父親の配慮で祖父母に育てられた紗也は、ずっと母は死んだと聞かされていた。だが、ある日祖母から母は生きていると聞かさせる。「薫子という名で、銀座のクラブで働いている」という祖母の言葉だけを頼りに上京することになった紗也は、幼なじみの小島純平(中村優一)の反対を押し切り、単身東京にやってくる…。

 一方、長崎の高校生・南野美樹(黒川智花)もまた銀座に行く決意をしていた。美樹の父は愛人を作って東京に行ってしまい、母の手ひとつで育てられたのだった。愛人は銀座のホステス・薫子。美樹は父を探すため、銀座の街で働こうと決めていた。
 こうしてふたりの女が「薫子」という名のもと、夜の銀座にやってくる…。

 上京してきた紗也は、銀座で偶然美樹と出会う。お互いに「薫子」という女性を探していると知ったふたりは、街で声をかけてきた男・須藤(遠藤憲一)に言われるまま、クラブ『ゴージャス』にやってくる。そこで大ママ・真紀(萬田久子)に見初められたふたり。寮で共同生活をしながら『ゴージャス』で働くことに…。

 だがそこはチイママの日出子ママ(国生さゆり)とそのとりまきたちが幅をきかせる、壮絶な女の戦場だった…!


女帝 薫子 TOPへ 各話視聴率へ

2010年春のドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:女帝 薫子

『女帝 薫子 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女帝薫子。第一話感想
Excerpt: 桐谷美玲主演ドラマ!桐谷ファンとしてはずせないです。。母親を探しに秋田から東京にやって来る設定なので、「やめてけれ!」「おれ、やっぱすお母さん探してみてえの。」というようになまってる!なまってるでねえ..
Weblog: NelsonTouchBlog
Tracked: 2010-04-26 16:26

女帝 薫子 第一夜 銀座へ
Excerpt: 『母をたずねて銀座ホステス』“銀座のNo.1ホステスVS復讐の秋田美人!!内容秋田で生まれ育った西村紗也(桐谷美鈴)は、高校卒業後、東京の銀座へ行くことを決める。死んだ...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-04-26 17:53
ドラマ/アイウエオ順検索