2010年04月23日

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 第2話

中学の同窓会で30年ぶりに杉山(高橋克典)と再会し、45歳にして再び淡い恋心が芽生え始めた朋美(黒木瞳)。しかし、そんな甘酸っぱいときめきも束の間、同窓会メンバーの国交省官僚・福島(尾美としのり)と主婦・真理子(宮地雅子)が駆け落ちするという衝撃的な事件が起こる。ショックを受ける朋美のもとへ、真理子から連絡が入った。必死で説得する朋美だったが、真理子は「私、愛してしまったの。後悔はしないつもり」と言い残し、電話を切ってしまう。

 翌日。朋美は早速、真理子から電話があったことを、杉山、陽子(斉藤由貴)、大久保(三上博史)らに報告する。しかし、二人を探そうにも手がかりは真理子が残した「湖の近くにいる」という言葉だけ…。(だが)朋美は、放っておけない、みんなで探そう、電話をしてメッセージを残し続けよう、と提案するが、杉山と陽子は反対する。30年も付き合いがなく、二人の現状すら知らない自分たちが無責任に関わるべきじゃない……そんな杉山の主張に、自分が杉山とこの事件に関れば同じ時間を過ごせるという淡い期待を見透かされたような気になり、朋美は、思わずその場を飛び出してしまう。すると、杉山が追いかけてくる。子供じみた言動を反省する朋美だったが、杉山の何気ない一言にまたもムキになってしまい、結局、険悪な雰囲気で別れてしまうのだった。

 一方、大久保は陽子に誘われるまま、彼女の自宅を訪れる。すると、出かけているはずの陽子の夫・正隆(神保悟志)と娘・真奈(熊田聖亜)が現れた。陽子は唖然とする大久保にかまうことなく、娘は夫が愛人に産ませた子であると、一見何不自由ない社長夫人である自分の複雑な家庭環境をあっけらかんと話す。同情を誘われているような気がした大久保は、嫌悪感を覚え喧嘩別れする。

 そんな折、警視庁に勤める杉山は部長に呼び出され、失踪した福島について尋ねられる。なんと政府から福島の行方を追うよう依頼されているというのだ。福島は次期次官と目される人物で、政府周りの厄介な情報を色々と握っているらしい…。友人として現状を知らせてやりたいと思った杉山は、大久保を誘い、福島たちを捜しに行くことに。

 その話を大久保から知らされた陽子は、朋美に一緒に行こうと持ちかける。一度は断る朋美だったが、陽子から自分も杉山が好きだったと告白された上、リベンジ宣言までされ、心に迷いが生じてしまう。考えた末、もし夫の誠一郎(吹越満)が仕事を本気で探し、一家の主としてやり直す気があるのなら、もう二度と杉山に会わないことを決意する。だが、朋美の提案した求人に見向きもせず、相変わらずやる気のない誠一郎の姿に、朋美の気持ちはますます杉山へと傾いていくのだった。

 翌朝、夫と子どもたちの食事の準備を終えた朋美は、山中湖行きの高速バス乗り場へと急ぐ。しかし、姿を現した杉山が、大久保と二人で行くつもりだったと正直に伝えると、朋美はまたもやムキになって「帰る!」と言い出す。杉山はそんな朋美を追いかけ、朋美の手を取り、二人はバス乗り場へと戻っていく。バス停では、元恋人の亜紀(真野裕子)を連れて現れた大久保が、陽子の姿を見つけ驚いていた。

 ギリギリ出発に間に合い、ほっと胸をなでおろす朋美。だがその頃、宮沢家では、起きたばかりの誠一郎に、娘の彩(大平うみ)が、「ママ、不倫していると思う」と告げていた。さらに、見慣れぬ白いワンピースを見つけ狼狽した誠一郎は、何故かバリバリ仕事をしていた頃のスーツに着替えると、狂ったようにレンタカー店へと走り、朋美を追いかけるのだった。

 山中湖へと向かう高速バスの中。賑やかに言い合いをする陽子と亜紀らを尻目に、急に不安になる朋美で…。


同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 TOPへ 各話視聴率へ

2010年春のドラマ(4-6月)TOPへ

『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 第2話 愛...
Excerpt: 『愛と裏切りの捜索旅行』内容30年ぶりの中学の同窓会。。。その翌日。。。福島(尾美としのり)と真理子(宮地雅子)が失踪したという事件が発生。“私、愛してしまったの。後悔...
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-04-30 17:42

焼け棒杭と松傘と同窓会(大平うみ)しゅなおにカミングアウト(上野樹里)
Excerpt: 「吉高由里子に似てるって言われる高校生の樹里子で〜す」・・・そのオフ会「ごめん・・・おっさんだけど私が樹里子です」・・・まあ、ネット内世界と現実世界の落差はそれでいいのである。 もちろん、たまたま、上..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2010-04-30 17:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索