2010年03月20日

咲くやこの花 第10回(最終回)

最終回『今は春辺と』

こいの相手は、以前 全く歯が立たなかった相手・はな(松坂慶子)。こいにも、はなにも負けられない理由がある。いよいよ、勝負が始まる。

一方、門田は由良が自分を狙って、こいの後見人として御前試合に来ていることに気がつき、警備の者に由良の動きに注意を払うように命じていた。将軍が見守る中、息詰まるような勝負が続く。互角の戦い。残るは二枚。次の一枚を取った方が勝ちとなる。

こいの気合。はなの気迫。門田の思惑。由良の意思。それぞれが交錯し熱気を帯びる試合の場。最後の札が読み上げられようとしていた…。


咲くやこの花 TOP

『咲くやこの花 第10回(最終回)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇 咲くやこの花 第十回(最終回) 今は春辺と
Excerpt: 『今は春辺と』内容母・そめ(余貴美子)や親友・しの(寺田有希)たちは、ただ祈るしかない状態。ついに。上様。。。徳川家斉(寺泉憲)を前にして、御前試合が開かれる。“江戸一”の称号を得たこい(成海璃子)の..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-03-28 21:22

咲くやこの花 最終回『今は春辺と』
Excerpt: 「夕されば 門田の稲葉 おとづれて あしのまろやに 秋風ぞ吹く」(大納言経信)
Weblog: 昼寝の時間
Tracked: 2010-03-28 22:59

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索