2010年03月13日

咲くやこの花 第9回

第9回『今日を限りの』

こいが幼いころ拾ったかるたこそ、由良の父が殺されたときに持っていたものであった。門田の謀略を確信した由良は、犬死に覚悟で門田邸を急襲しようとする。

止めようと必死のこい。御前試合に後見人として同行するよう言う。こいが御前試合に勝てば、将軍にお願いして門田たちを罰してもらうと。こいが負ければ、由良はその場で仇討ちをすると言って引かない。こいは命がけで御前試合に臨む覚悟をする。

そして試合当日。対戦相手はこいが慕うあの人であった。最強の敵がこいの前に立ちはだかった。


咲くやこの花 TOP

『咲くやこの花 第9回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHK土曜時代劇 咲くやこの花 第九回 今日を限りの
Excerpt: 『今日を限りの』内容日本橋の本試合を制し江戸一となったこい(成海璃子)そんななか、こいは、ひょんなことから由良(平岡祐太)の父・好忠(小久保丈二)が、陰謀により門田伯耆守稲葉(寺田農)に殺されていたと..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-03-20 22:21

咲くやこの花 第9回『今日を限りの』
Excerpt: 「忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな」(儀同三司母)
Weblog: 昼寝の時間
Tracked: 2010-03-21 00:41

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索