2010年03月04日

連続ドラマ小説 木下部長とボク 第9話

 由美子の自宅で目覚めた木下部長。由美子が路上で酔いつぶれていた木下部長を運んできたのだ。由美子が朝ご飯を作っていると玄関の呼び鈴が鳴る。元旦那が来たという由美子の言葉に「怖い人やったらどうしよ」と、いそいそ服を着る木下部長。そこに石川がやってくる。木下部長は「うわ!石川!なんや、お前もか」…天然っぷりにも程があるほど現状を把握していない様子。何も知らずに「元旦那が来るみたいやから、これはもめるで」と石川に伝える。「別にもめないですよ。だって俺ですから」という石川。由美子は石川が元旦那だと教えると、木下部長は「あ、そう」と微妙な反応。石川は木下部長とテーブルに着く。木下部長は事情を石川に説明し、由美子とHしてない事も強調。木下部長は一気に朝食を食べて部屋を出て行く。

 一方、丸々通信の業績が前年度より下がったことにより、君島部長は本部長から利益率10%アップ命令を受けていた。さらに3つのプロジェクトの追加を伝えられると、君島部長は人数が足りないと訴える。本部長は、余剰人員の木下部を使えばよいと伝える。さらに困難なことに柴門の父親が倒れる。実は財閥系御曹司だった柴門は、財産と経営の整理をするためしばらく会社を休む事になってしまったのだ。緊急事態に大塚らは、木下部に仕事をふりに行く。木下部長、僕元、神奈川、不在で、哲は入院中のまま。大塚は木下部の部員たちの隠しておきたい過去を暴露しながら、有無を言わさず仕事の指示を出す。石川は「やんねえよ、お前の指示でなんか」と、後藤と部屋を出て行ってしまう。

 皆が君島部へ移動していると、そこに僕元が戻ってくる。大塚は3時までに資料をホッチキス止めしろと僕元に命令。入れ違いに木下部長と神奈川も帰ってくる。部員たちが君島部に借り出されたと知っても、木下部長はのんきに「3人でええよ」と忙しくて嫌がっている僕元を用事があると言って連れ出す。用事とは昼食だった。そのお店は、3人で行くとアイスコーヒーを無料にしてくれるのだという。呆れながらもついて行かざるを得ない僕元。

 昼食後、満腹になった木下部長は「あ!!!」といきなり大声を出す。来年のバレンタインデーキャンペーンを君島部長に頼まれていた事を思い出したのだ。それは、1年かけて行う大仕事だった。プレゼンはだいぶ先と言う木下部長。だが、僕元が君島部に連絡してプレゼン日を確認すると、なんと今日がプレゼン当日だった。プレゼンまではあと15分。木下部長らは手ぶらのまま、大急ぎでプレゼン会場に向かう。
 君島部長の耳にも木下部長プレゼン失念の情報が入ってくる。君島部長は腹が立つ反面、木下部長がどう切り抜けるか楽しみにしていた。君島部の加勢に入っていた石川は、君島部長に忠告する。木下部長の怖さを知らない、と。本当に天然で、何も考えていない、と。

 木下部長らはプレゼン用の紙と鉛筆を買うため、コンビニに立ち寄る。が、僕元と神奈川は便せんやレポート用紙を見て冷静になり、コレに書いて提出してもやっつけ仕事とバレる、と気づく。緊迫する二人をよそにチョコレートを見つめる木下部長は…驚くべきプレゼン方法を“気分”で口にした。「商品に、マジックで、キャッチコピー書いたらええんちゃうのん?」…僕元と神奈川はおかしいと思いつつも一か八かその提案にのる。その時、病院を退院した哲がめるたんに居場所を聞いて駆け付ける。哲は木下部長に貰った参考書で勉強したと言い、今そこそこひっかかるキャッチコピーが書けそうな気がすると三人の顔を見つめる。木下部長らは手分けして10案のキャッチコピーを考え、クライアントの会議室へ向かう。

 木下部長の挨拶の後、僕元らはクライアントの前に板チョコを並べた。きょとんとするクライアント。「その中にアイデアが入ってるんで、開けてみてください」と、木下部長。困惑しながらもチョコレートのパッケージを開けるクライアント。そこには、文字が書いてあった。「キャッチコピー、愛のちょこっと口溶け」―――クライアントが読み上げた。また一人、また一人とクライアントが読み上げていくうちに、何だか楽しい雰囲気になるプレゼンルーム…。 丸々通信のロビーでは、君島部長が石川と二人で打合せ後の来客を見送っていた。そこに帰ってきた僕元たち。プレゼンの結果を聞く石川。すると神奈川は「なんか上手く決まりました」と笑顔で報告する。君島部長が「どうやって?」と思わず聞いたその時、木下部長が遅れて帰ってきた。石川を見つけると、プレゼンで余ったチョコレートを1枚渡した。とっとと帰宅する木下部長。僕元は「開けてみてください」と石川に促す。パッケージを開けてみると「キャッチコピー、甘い口溶け、二人も雪溶け」…木下部長が書いた文字だった。

 コンビニでキャッチコピーを書いた10分間でとその後の手作り感あふれるプレゼン。そしてクライアントをまるでプレゼンテーターのようにして案を発表させる、という斬新なスタイルは、『木下、咄嗟のグラミースタイル』として、あの緊張感とともになんとなく華々しい成功として、今も語り継がれてる・・・。


連続ドラマ小説 木下部長とボク TOPへ

『連続ドラマ小説 木下部長とボク 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

木下部長とボク 第9話 木下のグラミー・プレゼン
Excerpt: 『ヒミツの三角関係で疑惑の朝食甘いワナ』内容木下部長(板尾創路)は、目が覚めると、、、女がいた。道で酔っていたので連れ帰ったという由美子(秋本奈緒美)。。。。すると、元ダンナが来るからと言いはじめるの..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-03-12 17:59

宿命 1969−2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京最終話(3.11)
Excerpt: 異母兄妹の疑いも晴れ、結婚する有川崇@北村一輝と白井尚子@上原美佐 だが、崇の以前の恋人が中国の元諜報員だったことが発覚 尚子の父白井眞一郎@奥田瑛二に助けを求める崇だが、 滝沢総理@若林豪の息子と次..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2010-03-16 09:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索