2010年02月25日

エンゼルバンク〜転職代理人 第7話

真々子(長谷川京子)は突然、海老沢(生瀬勝久)から“スペシャルな仕事”を命じられる。それは重要なクライアントから紹介された外資系証券会社のディーラー・石井行弘(葛山信吾)を転職させること。石井は業界でもトップクラスのディーラーで、この不況下においても年収はざっと1億円だという。真々子はさっそく石井と面談をすることに。ところが、石井は「外資系証券会社への転職。年収は現在の2倍」という希望を手短に伝え、慌しく去って行った。そんな石井の迫力に、真々子はただただ圧倒されてしまう。

 そんなとき、真々子は江村(中村蒼)から信じられない情報を得る。なんと、真面目で大人しかった元教え子・広瀬芳子(小林涼子)がキャバクラでバイトをしているというのだ。心配になった真々子は同僚の田口(ウエンツ瑛士)らに付き添ってもらい、芳子が働くキャバクラへ。芳子の常連客だった石井と鉢合わせになる。石井と出会ったことがキッカケで、「日本のサラリーマンでいちばんお金を稼げる外資系ディーラーを目指したい」という芳子。石井も「世の中、金がすべて。彼女の考えは間違っていない」と擁護する。しかし、真々子はその考え方にどうしても納得できず…。

 数日後、石井の条件に合う転職先が見つかる。ところが、真々子から報告を受けた石井が「年収2億5000万円で再交渉してほしい」と言い出した! さらに、石井が失敗続きの部下・笹塚(加藤虎之介)にリストラを宣告したことを知った真々子は、笹塚に転職の世話を申し出て…!?


エンゼルバンク〜転職代理人TOPへ

『エンゼルバンク〜転職代理人 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エンゼルバンク〜転職代理人 第7話 幸福の値段
Excerpt: 『幸福の値段』“30億稼ぐ男VS強気女幸せの値段は!?内容海老沢(生瀬勝久)から、スペシャルな仕事を命じられる真々子(長谷川京子)重要なクライアントから紹介された男を転職させることだった。外資系のマッ..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-03-05 17:39

「エンゼルバンク〜転職代理人」第7話
Excerpt: 第7話「幸福の値段」 視聴率6.3%
Weblog: またり、すばるくん。
Tracked: 2010-03-05 20:01

2本短縮打ち切り計画(エンゼルバンク〜転職代理人#7)
Excerpt: 『エンゼルバンク〜転職代理人』テレビ朝日の利益に貢献できなかったこのドラマ、来週の8話をもって打ち切りが決定  ヾ(◎皿◎)→ バイバイキーン世の中、金が全てだと豪語する年収1億円..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-03-05 23:46

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索