2010年02月18日

853〜刑事・加茂伸之介 File.06

犯人逮捕の際に怪我を負った佐々木雪子(富田靖子)は肋骨にヒビが入りしばらく入院することに。そこで雪子は、入院患者の石嶺貴子(キムラ緑子)と顔見知りになる。

 一方、加茂伸之介(寺脇康文)ら捜査一課のメンバーは通信販売会社社長の早乙女光隆の遺体が発見された現場に出向いていた。早乙女の周辺を探った武藤勇作係長(田辺誠一)らは、早乙女の通信販売会社社長という肩書きは名ばかりで、実際には出資金詐欺の疑いがあったことを突き止める。武藤の指示で捜査員は早乙女の殺害当日の足取りと、出資者たちのアリバイ捜査へ。浜育実(菅原大吉)と酒井十一(林剛史)は、早乙女の元妻・福山志保(滝沢涼子)とその娘・さやか(緑友利恵)に話を聞きにいく。

 そんな中、入院中の雪子から加茂に電話が。雪子が刑事だと知った貴子がその瞬間、動揺したような表情を見せたので気になるというのだ。貴子が持っていたライターに書かれていた名前のスナックに行ってみてほしい、と頼む雪子。スナックへ行った加茂は、貴子がそこに勤めていたこと、そして早乙女は常連客だったことを聞き出す。さらに、貴子も早乙女の会社に出資していたようだと知り…。

 病院に貴子を訪ねた加茂。商社に勤める夫を持ち、娘もいると話す貴子の姿を見て加茂は、「どうして真面目に病気を治そうとしないのか」と疑問に思う。同じころ、雪子もまた貴子の話は作り話なのではないかと思いはじめ・・・!?

そして退院の日。貴子は突然雪子に「早乙女を殺したのはあたしだよ」と凶器を捨てた場所の地図とともに告白し・・・!?


853〜刑事・加茂伸之介 TOPへ

『853〜刑事・加茂伸之介 File.06』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

853刑事 加茂伸之介5話の感想
Excerpt:  853刑事加茂伸之介5話を見ました。今回は、真島が合コンで知り合った氷川唯(小松彩夏)が、連続窃盗犯の容疑者として浮かびます。でも、真犯...
Weblog: 本とTVとDVDの感想日記
Tracked: 2010-02-19 11:34

853〜刑事・加茂伸之介 第6話 庇う女
Excerpt: 『生きているのも悪くない! 病院で同室になった謎の女性、 彼女が突然殺人を自供しだして・・・!?』“病室の友情…逮捕されたがる女!内容恐喝、暴行容疑の男・小林勝明を追跡する加茂伸之介(寺脇康文)最後は..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-26 17:47

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索