2010年02月12日

ヤマトナデシコ七変化 第6話

ギクシャクしてしまった恭平(亀梨和也)と雪之丞(手越祐也)はそのまま大ゲンカに突入。結局雪之丞は下宿を飛び出し、呆れた蘭丸(宮尾俊太郎)も人妻と温泉へ、武長(内博貴)もタケル(加藤清史郎)を美音(高島礼子)の元に送り届けると実家に帰ってしまう。広い下宿に残されたのは恭平とスナコ(大政絢)だけ。恭平はヤケ酒を飲みながら、自分がこの下宿にやってきた頃のことを思い出す…。

一方、実家に帰った武長から全く音沙汰がなくなってしまった。華道の家元である父・忠長(榎木孝明)が倒れたという話だったが、乃依(神戸蘭子)の話から、武長が無理やり実家に留め置かれているのではないか疑った恭平たちは武長の実家に乗り込む。


ヤマトナデシコ七変化 TOPへ

『ヤマトナデシコ七変化 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヤマトナデシコ七変化 第6話 ハダカで仲直り
Excerpt: 『涙の告白!裸の誓い』内容雪之丞(手越祐也)は恭平(亀梨和也)に対し、スナコ(大政絢)への気持ちから逃げていると告げるが、逆に、まちこちゃん(本仮屋ユイカ)のことを恭平に言われ、2人は大げんか。そんな..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-20 18:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索