2010年02月05日

宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- 第5話

小切手をめぐるトラブルの背後に、縁談を破談にしようとする母・三奈(真野響子)の策略があるとにらんだ崇(北村一輝)は、三奈を激しく追及する。2人の口論を耳にした透(細田よしひこ)や和裕(田中健)は、動揺を隠せない。また、宜子(小池栄子)から激しい怒りをぶつけられた尚子(上原美佐)も、ショックを受けていた。

一方、三奈の策略で仕事を失い、失意の宜子の元に、ニューヨーク留学時代の知人・山瀬俊介(三上市朗)から同窓会の連絡が届く。山瀬と再会した宜子は、崇への恨みをぶちまけた。崇を鼻持ちならないエリートだと嫌う山瀬は「あの男の将来を完璧につぶすものがある」と打ち明けるのだが……


宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- TOPへ

『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【宿命 1969−2010ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京】第5話
Excerpt: 病院を継いでも母さんは喜ばないよ。病院は国を動かすか?政治家になるなんて止めて病院を継げばいいと言う弟・透に崇は言うのだった。国を動かす権力が欲しいのは母の方だと。否定する三奈。そこに強い憧れを持って..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2010-02-19 23:13

宿命1969−2010ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京...
Excerpt: 『破滅のプロポーズ』内容宣子(小池栄子)への小切手を無効にした母・三奈(真野響子)に対し、怒りをぶつける崇(北村一輝)そんななか、弟のことで悩む宣子の元に、山瀬俊介(三上市朗)から連絡が入る。崇の態度..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-20 18:35

『宿命 1969-2010』 第5話
Excerpt: 政略結婚から始まった二人が、本気で愛し合い始めてしまったからさぁ大変。と同時に、崇のファッションがお坊ちゃま風になってません?こうなると、崇を演じる北村一輝さんでは合わない感じがして来て、権力の頂点、..
Weblog: 美容師は見た…
Tracked: 2010-02-20 23:21

「宿命1969-2010〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京〜」第5話
Excerpt: 第5話「破滅のプロポーズ」 
Weblog: またり、すばるくん。
Tracked: 2010-02-21 21:15

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索