2010年02月04日

エンゼルバンク〜転職代理人 第5話

真々子(長谷川京子)は多忙を極める同僚・田口(ウエンツ瑛士)から、ある求職者の担当を引き受けてくれないか、と頼まれる。その転職希望者とは、中堅の印刷会社「ナミキ印刷」に勤める若手経理マン・内藤浩也(長谷川朝晴)。内藤が掴んだ情報によれば、「ナミキ印刷」は社長が強引に推し進めた不動産投資のせいで債務超過に陥っており、倒産しそうな状況にあるとか。それを聞いた真々子は、「ナミキ印刷」を早く辞めて転職活動を始めることを勧める。会社が倒産した後に転職活動をすると、潰れるまで動くことができなかった人物だと思われ、評価が下がる可能性があるのだ。しかし、内藤はどうにもこうにも煮え切らない様子。真々子の目の前で「倒産しないかもしれないのに辞めるのはもったいないし…」と、転職すべきかどうか悩み出してしまう。

 内藤の今後を真剣に考えて心配する真々子。すると、上司の海老沢(生瀬勝久)が「倒産するかどうか、調べてみればいい」と提案し、“倒産の可能性がチェックできる8つのポイント”を伝授する。それらをすべて試した結果、内藤は会社が危ない状況にあることを再認識。ようやく転職を決意する。ところが、その内藤がエントリーした会社の面接をすっぽかしてしまった! 理由を問いただす真々子に、内藤は転職を迷っていた本当の理由を打ち明ける。それを機に、真々子は内藤が会社を辞めてしまってよいものか悩み始め…。

 やがて、そんな真々子が窮地に立たされる事態が発生する。自らの“ある言動”が原因で、海老沢から無期限の謹慎を言い渡されてしまったのだ…!


エンゼルバンク〜転職代理人TOPへ

『エンゼルバンク〜転職代理人 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「エンゼルバンク〜転職代理人」第5話
Excerpt: 第5話「会社が倒産寸前!!逃げるか?残るか?」
Weblog: またり、すばるくん。
Tracked: 2010-02-18 22:03

このドラマ、自主再建は厳しく倒産寸前です(エンゼルバンク〜転職代理人#5)
Excerpt: 『エンゼルバンク〜転職代理人』【倒産の可能性がチェックできる8つのポイント】1.早朝緊急会議2.備品の故障箇所が修理されない3.観葉植物が枯れている4.事務職の社員が暇そうに話している5.倹約メニュー..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-02-18 22:11

エンゼルバンク〜転職代理人 第5話 会社を辞めるか否か!?
Excerpt: 『会社が倒産寸前!!逃げるか?残るか?“夫の会社が危ない!?倒産危険度チェック内容多忙の田口(ウエンツ瑛士)から求職者の担当を依頼される真々子(長谷川京子)並木勝三社長(鶴田忍)のワンマン経営の中堅印..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-19 17:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索