2010年01月29日

サラリーマン金太郎2 第5話

住民の反対運動にあい20年もの間、工事がまったく進んでいない江並ダム。大和会長(宇津井健)の指示により、金太郎(永井大)は工事を再開させるため現場へと向かう。反対にせよ賛成にせよ、まずは村の人たちの声を聞こうと地元の食堂へ飛び込むが、彼らの様子がどうもおかしい。そんな中、金太郎は反対派のリーダー、初音(中越典子)という女性と知り合う。

 推進派のいやがらせや買収によって、ほとんどの反対派は建設を受け入れていた。初音は孤立無援にもかかわらず、天下りなど一部の者だけが利権をむさぼるダム建設に断固として反対してきたのだ。初音の幼なじみでダム推進派の県会議員・朝倉英雄(東根作寿英)の説得も突っぱねる初音。反対派の意見も平等に聞くべきだと主張する金太郎だが、なかなかこの問題は一筋縄ではいきそうにない。

 金太郎は再度、初音の家を訪れ、住民説明会に出席するよう頼む。説明会に乗り込んだ初音は天下り問題に加え、この土地の地盤が不安定でダム建設には適切ではないことを指摘。それを聞いた金太郎は、工事を請け負う施工業者として地盤の再調査を提案する。「あんたらはよ、計画が動き出してくれたらそれでいいかもしれねえが、こっちはそうはいかねえんだ! 水の漏れるダムなんか作れっかよ! サラリーマンなめんじゃねえ!!」

 説明会の一件で初音と打ち解けた金太郎は、彼女から亡き父親に対する複雑な思いを聞かされる。しかし、その晩、金太郎は何者かに襲撃される。その正体は、英雄にたかっているヤクザたちだった。絶体絶命のピンチの中、どうにか初音を助けたものの、金太郎は吊り橋の上から激流の中へ落とされてしまう。初音の悲痛な叫び声が響く。「矢島さん!」。はたして金太郎の命は? そしてダム建設の行方はいったいどうなってしまうのか!?


サラリーマン金太郎TOPへ

『サラリーマン金太郎2 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サラリーマン金太郎2 第5話 初心に?
Excerpt: 『大波乱のダム!!空手美女を救え!』“大波乱のダム決戦!!美女と失踪!?内容大和会長(宇津井健)に命じられ、営業4課に戻った金太郎(永井大)は、住民の反対で、工事が20年止まった状態の江並ダムの担当と..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-06 17:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索