2010年01月27日

赤かぶ検事京都篇 第四話

弁護士の吉野達夫(伊庭剛)が自分の車の中で何者かに射殺された。
使われた拳銃が京都市内の派出所から盗まれた物だと判明し、柊(中村梅雀)は京都府警の行天燎子警部補(原沙知絵)、溝口賢一警部(中西良太)と共に捜査を開始する。

殺された吉野は、暴力団組織の顧問弁護士を務めており、よくない評判も聞こえてくる。
吉野は、妻で日本舞踊家元の岩渕美希子(洞口依子)とは別居しており、愛人の雨宮潤子(宮本真希)と一緒に暮していた。
潤子が美希子の弟子だったと知って柊は驚く。美希子の内弟子、門脇澄江(さくら)によると、美希子は吉野と潤子を深く恨んでいたようだ。

しかし、美希子には犯行の時刻に足袋職人の浜田克也(梨本謙次郎)と食事をしていたというアリバイがあった。
三角関係にある男女の愛憎のもつれによる犯罪か。柊が推理を巡らせていた時、もう一つの事件が起こる。
吉野の殺害に使われた拳銃で胸を撃たれて死んでいる、暴力団員の河崎武敏(高野八誠)が発見されたのである。河崎はかつて潤子と恋仲にあった男だ。
河崎が拳銃を盗み、吉野を殺した後、捜査の手が伸びたことで観念して自殺したようにも見えるが、柊には疑問が残る…


赤かぶ検事京都篇 TOPへ

『赤かぶ検事京都篇 第四話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

赤かぶ検事 京都篇 第4話 能面の女
Excerpt: 『能面の女!美しき舞姫が秘める愛憎…本妻と愛人の静かで熱い京女のバトル』内容行天警部補(原沙知絵)溝口警部(中西良太)に呼び出された柊検事(中村梅雀)弁護士の吉野達夫(伊庭剛)が、自分の車の中で射殺体..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-04 17:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索